人気ブログランキング |

<   2009年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

あこがれの場所



昨日のネットにかけたのは、私が子どもの頃着ていたカーディガン。
かなり大きいので多分小学校高学年の頃のものだと思う。

臙脂に藍色のネップが入った毛糸で、鹿の子編みでツイードみたいな編み地。
手編み機で編んであり、襟と袖口のまわりにはかぎ針でスカラップが
編みつけてある。
(母はやらなかったけど、手編み機を持っている人、周りに沢山いました。)
その上に、かぎ針で編んだヒヤシンスのような花をアップリケ。

う〜ん、60年代っぽい。


d0129646_1916566.jpg



子どもの頃、隣の町(小学校の高学年の頃、私の住む街は合併された)の
駅前、街で一番大きな映画館の隣という一等地に(といっても田舎だけど)
その店はあった。
やっと通れるほどの通路1本だけの、細長いウナギの寝床のような店。
左右の壁には天井まで、色とりどりの毛糸が並べられている。


店の一番奥にテーブルがあり、店主の女性が座っていた。
お客とデザインを相談して、糸を選んで、一点一点仕上げる編み物やさん。


When I was small, I had a dream place. It was a tiny shop full of boxes of
beautiful wool yarns on two walls up to the ceiling. The desinger/knitter
made sweaters according to the discussions with her customers.
The sweater is from 1960s made by her.

More

by au_petit_bonheur | 2009-01-14 10:11 | 実家ビンテージ

もらいものの集合場所




秋から、色々な蔓や枯れ枝をもらって歩いておりました。
ここは主に蔓ものの集合場所。


d0129646_18184247.jpg



イモヅルの枯れた葉だけ付いた蔓、ヘクソカズラなどに、あじさい、
ヘリクリサムシルバー、三時草、杉の実と葉っぱなどありますが、
今季の一番のお気に入りは、右端の夕顔の種と蔓。
蔓が細くて、実が朝顔より小さくて星みたい、どこの空き地にもあって、
もらいやすい。


でも、今日の自慢は、錆びてゆがんだ、うしろのネットです。
昔のベッドのスプリングを支える格子なんです。

先日のA住宅を散歩していたとき、管理室の前の粗大ゴミ置き場にあったのを、
お願いして、もらってきました。
これ、室内でものをぶら下げるだけでなく、屋外でトレリスがわりにも
よいぞよ、と思うんです。

欲張りの私、この他にももらってきたので、使う人を募集中なんですが
見つからず。
普通いらないのかな〜?


I found this old rustic iron net while I was walking my dogs.
The net was a part of old bed which supports coil springs.
I dry vines and leaves on that net.

by au_petit_bonheur | 2009-01-13 18:32 | ひろいもの自慢

History of Art



今朝の東京も冷えてます!

今、調べ物をしていて、見つけたサイトをご紹介。
どこの機関がやっているのか、全く謎なのですが、
美術史、全史にわたって、詳しい資料が満載。
  History of Art

リンクしたのは目次のページです。
きれいな図版が沢山なので、好きな項目の絵を見るだけでも楽しいです。

たとえば写真史の中のマン・レイMan Rayのページはこんな風です。
大好きなコーネルCornell(草間彌生が付き合ったことがあるなんて、
ヤキモチやいちゃいます。←ここに書いてある訳ではありません)はここ。
錬金術と神秘主義Alchemy & Mysticismなどの項目も。


本文はかなり下から始まっています。画像は一番下。
ずっとずっと下までスクロールしてくださいね。
ページの一番下の→で、画像がもっと続く場合多し。

見れば見るほど面白い。
でも、のんびり眺めている場合ではなく、右にもリンクしておきます。


*面白い項目を見つけたら教えてください!

by au_petit_bonheur | 2009-01-12 11:44 | 見てみて!

Writtenafterwards



先月のこの投稿のelaelaopa、writtenafterwards、mafuyuを、昨日右に
リンクしたついでに見に行ってきました。

(ブログを始めてから、パソコンにブックマークしているサイトを見に行くのを
忘れがちなので、ブログに投稿したら、リンクに入れていくことにしました)

writtenafterwards、全ページ見たと思っていたのに、見てなかったページを発見。
ユニークで素敵な作品が沢山あるので、ここにリンクしておきます。是非!

Collection #1
Collection #3
Fake in the Fact
Collection: Everyone's New Clothes

interview withYamagata Yoshikazuby GAS

by au_petit_bonheur | 2009-01-11 23:56 | 見てみて!

Famille Summerbelle



去年のこの日のOpheliaちゃんのパパとママのことを
早くご紹介したいと思いながら、新年になっていました。

Famille Summerbelleはロンドン発の、子ども部屋の為のインテリア用品のブランド。
デザイナーのジュリーさんと、夫でマーケティングその他すべて担当のサイモンさん、
そして、インスピレーションのもと、オフィーリアちゃんの家族3人、
去年の2月に出来たばかりのブランドです。

ジュリーさんとはフランス人同士、そして、スタイリストとして
仕事をする機会もあり、友だちというEmma さんからの紹介でお会いしました。


d0129646_14132840.jpg




パリ生まれのジュリーさんは、子ども時代、創造性を重んじるシュタイナー
スクールに学び、ものを作ることは生活の一部。パリで美術を学んだ後、
ロンドンのセントマーティンズでデザインを専攻。以来ロンドン在住。

そんなジュリーさんが、妊娠したとき、子ども部屋のためのインテリアアクセサリーを
デザインするようになったのは自然の流れだったそうです。
ジュリーさんによる切り紙が、すべての商品のデザインのもとになっています。

フランス語のFamille「家族」に二人の姓を組み合わせたSummerbelleを合わせて
Famille Summerbelle、そんなブランド名通りの暖かくて素敵な商品の数々。


壁紙、クッション、そして、壁に飾るファミリーツリー(家系図)などの絵。
この絵は、オフィーリアちゃんに、彼女のおじいちゃん、おばあちゃんを始め、
世界中いろんな国に暮らしている家族の写真を貼って見せたいという思いで
デザインされたそう。




始めてもうすぐ1年、短い期間とは思えないほど、好評をもって迎えられた
Famille Summerbelleの商品は、沢山の雑誌で紹介されています。
日本では、素敵なアーティストの作品ばかり扱っているお店、
ギャラリー・ドゥ-・ディマンシュで、取り扱いが始まりました。
(一番上のFamily Treeをウェブでも購入可能。)


娘が小さかった頃であっていたら、絵をおしゃべりのもとに
したかったな〜。お誕生日プレゼント、出産のお祝いにもかわいい。

3ヶ月の旅を終えて、昨年末イギリスに帰った3人、色々なインスピレーションを
得たとのことですから、どんなものが生まれてくるのか、楽しみです。


d0129646_1492452.jpg

Emma さんのスタイリングによる、family treeのあるインテリア


d0129646_149244.jpg

Bの音の重なりが楽しい、言葉遊びのクッション


BloesemKidsのknock knockというクリエーターのお宅拝見のブログ
(他の家も必見 Emma さんの家もあります)この日の記事で詳しいインタビューと
素敵なインテリアの写真の数々がみられます。是非!
古い記事は写真が?マークになりますか?私のマックではそうなんですが、
写真のところをクリックすると見られます。

色んなデザイン情報満載のFamille SummerbelleのBlogもブックマークをおすすめ。
(旅行中の記事に腕の太い日本人が写っていますが、私の中では近年最高の写り)

More

by au_petit_bonheur | 2009-01-10 14:13 | blog website

Save阿佐ヶ谷住宅!

東京は夜半から雨。まだまだやむ気配はありません。
もしかしたら、雪になるかもしれないということです。
ついに本当の寒さがやってきたのでしょうか。
「屋根裏」の暖房が故障したようで、膝掛け電気毛布だけ、
マフラーをまいて、カーディガンを重ねた襟元を更にぐっとかき合わせています。


d0129646_1254790.jpg



子ども時代の風景が高度経済成長を経てどんどん変わってしまった中、
育ったところではないのにあの頃の空気とかさなる懐かしい阿佐ヶ谷住宅。

再開発の計画が出ているので、いつまでこの風景が見られるのかと
時々散歩の足をのばします。
いい形で残すことは出来ないのでしょうか?
効率と機能だけでものごとを進める時代は終わったと思うのだけど。
何とかならないの?とまだまだ思っています。

昨日のペネさんの投稿を見て、私も阿佐ヶ谷住宅!と思ったのだけど、
日頃カメラを持ち歩く習慣がなく、写真をとったのは昨年末一度だけで、
見直してみたら使えるものがない。
文章を書き始めたけれど、中途半端におセンチになってしまったので中止。
それよりも、上のペネさん、そしてgarouさんこのお2方の写真と文章で、是非!

garouさんのブログには、やはり、なつかしいひばりが丘住宅も紹介されています。

More

by au_petit_bonheur | 2009-01-09 13:11 | 見てみて!

年の始めの遊びごと



毎年年賀状を準備するのが遅すぎるのです。
母がいるときは、何だかわさわさしていて、元旦に書く年もしょっちゅう。


去年(ついこの間ですが)はちょっと早く30日に、さあ、どうしようと
準備を始めました。
一昨年買った、昔懐かしいプリントゴッコを使うことは
決まっていたのだけれど、迷う時間も無いし、一昨年と同じく、
19世紀のフランスの雑誌から刺繍の図案で、ちょっと和な感じのものを
選びました。


d0129646_14283446.jpg


(雑誌をコピーしたものと、版下。一昨年使ったものや、黒のインクが入荷されるまで待っているものもあります。すべて19世紀の雑誌から、かぎ針編みの編み図、マネキンやミシンの広告、女の子など。マスター用紙とランプで一回分800円なので、けちけち、一つの版下に2つ図案を入れているものもあり)


Two years ago, I purchased Print Gocco, an appliance for simplified silk screen
printing, after 30 years absence,
(my sister and I had one when we were young), though regrettably,
Riso stopped production of Gocco last year.

I make wrapping materials and New Year cards with Gocco using the
illustrations found in 19th century French magazines.

The black ink is sold out now, so I got gold and purple ink instead.
I like the wrapping of Emma Cassi with light purple paper doilies, so
I printed the old crochet pattern with purple ink.

You may want to see how Gocco works. (found in Flickr **)

More

by au_petit_bonheur | 2009-01-07 15:29 | レースあそび

2009年



あけましておめでとうございます。


d0129646_1524045.jpg



正月3が日の東京は、お正月らしい晴天続き。
4日の今日も、雲もなく空気もすんで、きれいな青空が広がっています。

今年は年末年始、妹が実家に帰ってくれたので、いつも正月をはさんで
1〜2ヶ月来るはずの母が来ず、何年ぶりかで家族3人のお正月でした。
この3人、放っておけば、朝寝昼寝のぼんやりお正月になってしまうだろうという
予想通り、起きては食べ(飲み)、ごろんと本を読んでは寝ての3日間でした。
いつも私は余り見ないバラエティ番組もかなり見て、年末ビデオにとった
「ブレードランナー」(久しぶりに見たけど、古びていない。)を娘と見たり。

さあ、今日からまともなペースに戻らなくては!

一年一年、一日、一週間が過ぎるのが早くなっている気がします。
毎日のやるべきこともあるけど、若い頃の気分にもどって、
楽しんで一年を過ごしたいと思います。

どうぞ今年もよろしくお願いします。


 

by au_petit_bonheur | 2009-01-04 15:31 | 日常 非日常