人気ブログランキング |

カテゴリ:blog website( 13 )

しつこくってすみません!また遊んでました。

おとといと同じdumpr.netで、画像をLOMO風に加工できるのを発見。差を見ていただくために昨日と同じ画像で。しつこくってすみません!

でも、これ気に入った。
他に、ルービックキューブになるのとか、色々ありますよ!

LOMO effect on your photos:
ここで。lomo

d0129646_11303977.jpg
d0129646_1131038.jpg
d0129646_1131253.jpg

by au_petit_bonheur | 2008-09-15 11:42 | blog website

芸術の秋


巨大レースの展覧会に行ってきました!

d0129646_1504977.jpg


場所はMOMA。ニューヨークまでひとっ飛び。



なんて訳はありませんが、こんな遊びが出来るサイトを発見。
Museumr


使い方はとってもシンプル。展示したい画像のファイルを選択して、次にギャラリー風景を4種類のデザインから選び、Continueボタンを押すだけです。出来上がった展覧会画像を添付してお友達にメールで送ることも可能ですよ。

写真、イラストなど、お得意の作品のある方、芸術の秋、架空展覧会はいかが?
開催の折には、是非ご招待くださいね!



d0129646_1503677.jpg




画像はリネンの糸でつくられたボビンレースのモチーフと既成のコードを使って花を作ったモチーフの一部。花心のリングかきいてます。

by au_petit_bonheur | 2008-09-13 15:20 | blog website

こんどこそ行きたい


ついこの間まで暑い暑いとぼやいていたのに、もう朝晩は肌寒いくらい。
数日のことだろうと思っていたのに、秋がやってきたのでしょうか。
私にはありがたいけど、若者や子供たちには夏が短かすぎたよね〜と思う
今日この頃です。

涼しくなったし、久しぶりに電車にのって出かけようか、と思っていたところ、
青蓮亭さんのブログ(many photos here)で、 (ここも)とても面白そうな展覧会の紹介をみつけました。
(以下の画像は青蓮亭さんの承諾を得て転載させて頂いています)

鳩時計 push me pull you「澄 敬一の仕事」展
   8月7日(木)→9月7日(日)
    11:00→19:00
   会場 CLASKA(クラスカ)2F Gallery & Shop "Do" (目黒)

Information on the exhibition in English

d0129646_11483154.jpg


何年か前、池尻大橋にあるpush me pull youというお店の紹介をいくつかの雑誌で見ました。記憶が確かなら、お店の壁には、ベッドのマットや足をはずして、スプリングだけになったものがかけてあり、棚にはオーナーの男性が羽田などの海岸でひろってきた漂着物や、彼が読んだ本などが並べられていました。それまで見たことのないようなお店で、記事だけでドキドキ、行ってみたいなあと思っていたんです。

世田谷って近いのに、池尻大橋にまったく土地勘がないので、そのうちそのうちと思っているうちに、気がついたら、あれ、あのお店の話を見なくなったなあ、どこかに切り抜きがあるはずだけど、と「wanted」状態だったのです。

d0129646_1240037.jpg


青蓮亭さんは大江戸骨董市にも出店しておられる古道具屋さん。選ばれる品物も一本筋がとおっていて、そして、ブログは、この方、対象にある距離をおいて向き合って、それをきちんと言葉で表現する訓練をずっと続けてこられたんだろうなあ、いいなあ、と読むのを楽しみしているんです。

青蓮亭さんの以前の記事で、幻のお店のオーナーが澄 敬一さんという方だということ、麻布でputit cul をやっておられた松澤紀美子さんと結婚され、お二人は今早稲田に場所を移して活動されていること、そしてお二人の本が出版されたことを知りました。

その澄 敬一さんが目黒のクラスカで展覧会をなさっているとのこと。この場所も行ったこと無いんですけど、いい企画をよくやってるみたいです。
  
涼しくなったことだし、今度こそ、是非行かなくっちゃと思っているところです。

遠くの方は、青蓮亭さんの沢山の素敵な写真とレポートを是非。


「1x1=2 二人の仕事」 澄 敬一x松澤紀美子 ラトルズ 2200円
("1x1=2 Works by Keiichi Sumi and Kimiko Matsuzawa")
この本も良かったです!


Exhibition "Cuckoo Clocks, Works by Keiichi Sumi"

Cuckoo clocks without clock faces.
The artist removed the faces as well as the paint on them
in order for the wood to breathe.
The clocks do not have the original function to tell the time any more,
but cuckoos still sing.

Plain wooden boxes with cuckoos which were once cuckoo clocks...
The idea touched me.

Please refer to the links for more photos and
detailed information on the exhibition and the artist.

by au_petit_bonheur | 2008-08-24 12:38 | blog website