2011年 06月 28日 ( 1 )

フリンジマニア好み ベル・エポックのジャボ付き襟

あっという間に6月も終わりかけ。急に気がついて焦ってしまいました。

梅雨だというのに最近レースのお手入れを少々していたので、「洗おうかな?」箱
の中のレースから。


d0129646_2238781.jpg


ボビンレースと軽くプリーツを寄せたチュールレースを組み合わせ
小さなコロコロのボールフリンジがついたジャボ(胸飾りとでもいいましょうか)。


フリンジがついた襟もありますが、胸元につくジャボの場合
フリンジは動きにつれてよく揺れるので更によい。


d0129646_22373776.jpg



そして、横のラインだけでなく、縦向きにもフリンジが付いているのが
フリンジマニアが特に好むところ☆なのであります。


d0129646_22372044.jpg


d0129646_22365011.jpg



全体はこんな風にスタンドカラーにジャボがついている形です。

スタンドカラーはエドワーディアン期のスタイルの特徴の一つ。
エドワーディアン期は厳密に言えばイギリスでエドワード7世が王位についた
1901年から1910年までをさすのだけど、この前後にこうしたスタンドカラー、
フィットしたボディ、しぼったウエストの女性らしいラインを強調した
スタイルが流行った。


この襟はフランスのものなので、エドワーディアンというより
1900年前後を指すベル・エポックの方がふさわしいのかもしれないけれど。

持っている 1890年ころの雑誌"La Mode Illustree" を見てみると、1年分合冊の中の
イラストの半数以上がすでにスタンドカラーになっているので、
スタイルだけからみると1890年頃から1910年前後くらいのものかと思う。


d0129646_22444173.jpg


この小さなフリンジは結びのフリンジ。アップで。


ジャボ付きのスタンドカラーの襟って、アクセサリーのように使いやすくて
かわいいなあと思うのだけど、(首周りが小さそうだけど、後ろにリボンをつけても
いいのじゃないかと思う)この襟、結構経年変色している。

飾るならこのままでも却って面白いかもと思うのだけど、着用するなら洗うべきか。


d0129646_2237690.jpg


やわらかいレースのスタンドカラーを固定するために
襟部分の裏側についているワイヤー。
このワイヤー自体もなんだか好きなものなのだけど、
これがあるために洗う決心が付きにくいのです。


d0129646_22362567.jpg


小さなクロシェボタン3つ首のカーブにあわせて、斜めに並ぶ。


着用するとこんな感じ。


d0129646_223751100.jpg

by au_petit_bonheur | 2011-06-28 23:37 | ディテール