人気ブログランキング |

2009年 08月 19日 ( 1 )

Kiftsgate Court Garden


チッピング・カムデンから車で約15分、先日のヒドコート・マナー・ガーデンからは
徒歩でも10分ほどにあるキフツゲート・コート・ガーデン
コッツウォルズでも著名な庭が2つ、すぐお隣という距離にあります。





ナショナル・トラストが管理しているヒドコート・マナーと違って、
こちらの庭は、今もオーナーの家族が暮らしている個人所有の庭を
季節と日を限って一般公開しているもの。
ヒドコート・マナーと近いので、同じ日に訪ねると便利ですが、こちらの方が
開園日が少ないので、こちらの庭の開園日に合わせて出かけるのがいいと思います。

ウェブサイトによると、
「キフツゲート・ガーデンは、1920年に 現オーナーの祖母にあたる
ヘザー・ ミュアーによって造られた個人所有の 庭園です。
1950年に現オーナーの母で あるディアニー・ビニーが相続した後、
1980 年代よりアンとジョニーのチェ ンバーズ夫妻に引き継がれています」とのこと。

d0129646_19551526.jpg

          (ヘザー・ ミュアー ウェブサイトより)

ヘザー・ ミュアーはお隣のヒドコート:マナーのローレンス・ジョンソンとも
親交があり、彼の庭を参考にすることも多かったそうですが、
祖母、母、娘と女性3代が作り上げた庭ということで、
ヒドコート:マナーに比べ、(規模は日本人の私の感覚からすると巨大だけれど)、
女性的で家庭的、親しみやすい庭という印象でした。

1951年にグラハム・トーマスがこの庭を雑誌に紹介して、色遣いがもっとも優れた例と
評したのを機に有名になったそうです。
「ガーデニング」誌では、「まるで美しく織り出されたタペストリーを見るようだ」とも
表現されています。


庭のレイアウトはこちら

More

by au_petit_bonheur | 2009-08-19 19:53 | England 2009