人気ブログランキング |

年の始めの遊びごと



毎年年賀状を準備するのが遅すぎるのです。
母がいるときは、何だかわさわさしていて、元旦に書く年もしょっちゅう。


去年(ついこの間ですが)はちょっと早く30日に、さあ、どうしようと
準備を始めました。
一昨年買った、昔懐かしいプリントゴッコを使うことは
決まっていたのだけれど、迷う時間も無いし、一昨年と同じく、
19世紀のフランスの雑誌から刺繍の図案で、ちょっと和な感じのものを
選びました。


d0129646_14283446.jpg


(雑誌をコピーしたものと、版下。一昨年使ったものや、黒のインクが入荷されるまで待っているものもあります。すべて19世紀の雑誌から、かぎ針編みの編み図、マネキンやミシンの広告、女の子など。マスター用紙とランプで一回分800円なので、けちけち、一つの版下に2つ図案を入れているものもあり)


Two years ago, I purchased Print Gocco, an appliance for simplified silk screen
printing, after 30 years absence,
(my sister and I had one when we were young), though regrettably,
Riso stopped production of Gocco last year.

I make wrapping materials and New Year cards with Gocco using the
illustrations found in 19th century French magazines.

The black ink is sold out now, so I got gold and purple ink instead.
I like the wrapping of Emma Cassi with light purple paper doilies, so
I printed the old crochet pattern with purple ink.

You may want to see how Gocco works. (found in Flickr **)





d0129646_14274984.jpg



プリントゴッコの発売は1977年。
シルクスクリーンのテクニックが手軽に楽しめるとあって、
発売後は年賀状コーナーではかなり人気のあった商品でした。
わ〜面白い、と妹とお小遣いをあわせて発売を知ってすぐに買って、
楽しんだ記憶があります。もう30年も前の話。

最近のは布にも印刷できるようになったと聞いて、またやりたいなあと、
試しに昔からある葉書サイズを買いました。
そのうち倍のサイズも買おうと思っていたのに、決断がつかない間に、
去年で本体の製造は中止されてしまいました。

本当に残念。去年は海外のブログで、物作りをする人たちが
「セーブゴッコキャンペーン」のバナーを貼って、
作品をリソーに送ろう!ってやっているのを時々見かけました。
海外まで愛用者が沢山いたらしいのに。



d0129646_15464784.jpg




年賀状用品として主に利用されていたプリントゴッコ、
パソコン印刷が普及したのと、年賀状の数そのものが減ったせい
で、年々販売数が減ってきたのだだそうです。
確かに娘達はほとんど「あけおめ」メールだし、数を出さなかったら
手書きでも十分ですものね〜。


さて、版下を用意してさあ、印刷と思ったら、一昨年のインクは固まっている。
慌ててユザワヤに買いに走ったけれど、黒のインクは売り切れで
1月末まで入荷はないらしい。
いつも、何でもこんな調子。時間切れが激しくなったので、本当はお正月らしく
印刷した上にピンクか何かをちょっと筆で入れてと思っていたのに。。。




d0129646_1428451.jpg



久しぶりにプリントゴッコを引っぱり出した序でに、色んなものに
印刷しました。

昔の印刷物みたいに黒と思っていたけど、Emmaさんのラッピングに薄紫の
ペーパードイリーが使われていて、それもいいかも、と金と紫を選びました。

オークションのidはトープとモーヴという色の名を組み合わせて使っているの
ですが、トープは灰〜薄茶というちょっと古いレースを連想させる色、
モーヴは19世紀に石炭からマラリアの特効薬キニーネを取り出そうとして
偶然発見された初の化学染料の色で、鮮やかな紫。
ビクトリアンの時代に大流行した色。
アニリンパープルとも呼ばれ、マゼンタ(アニリンレッド)はじめ、この後、
様々な化学染料が作られるようになりました。

(アニリン染料、開発者バーキンについてはこちらのブログに詳しいです。)

今のカラーチャートは当時の色とは違って、藤色をモーヴにあてているから、
薄紫もいいかと。*モーヴ(wiki)*(←あら、モーヴトープという色もありました)
(長いなあ〜)



去年は印刷した数が少なかったので、無くなってからはその都度スタンプを押したり、
切り貼りしたりが間に合わないことも多かった。
今年はたくさん印刷しました。



d0129646_14291494.jpg

捨てられない、包装紙の端切れ、ネパールの手漉き紙と古い襖の下張り紙にも
今年の年賀状に使った刺繍図案を。





そして、これまた、なぜか、なぜでも、捨てられない、使用済みのフラッシュランプ。
沢山あつまると、とても好み。


d0129646_1429768.jpg

by au_petit_bonheur | 2009-01-07 15:29 | レースあそび

<< Save阿佐ヶ谷住宅! 2009年 >>