人気ブログランキング |

山道テープのマーガレット

昔の人の手作りが大好きです。
貧富の差をとわず、時間の質が違ったのだろうと思うしかないくらい、
作るために使った長い時間のあとが記された手仕事は、見るだけで嬉しくなる。

一方、友人、知人、ネットで知り合った方達、雑誌やイベントで見る作品、
今の日本は、丁寧な手仕事をする女性が本当に増えて、何十年か後に、
ああ、あの時代の日本のもの、という時が来るのではないかと
時々思ってみたりする。

d0129646_17314230.jpg


高度な技術を持った職人によるレースは、デザイン、技術ともため息がでるばかり。

そして、家庭の女性が、日々の生活に少し彩りを与えるため、家族のために
時間をかけて丁寧に手作りしたものは、暖かみあって、大好き。
糸は細く、デザインは細かく、昔の人の手はどうなっているの?と思うけれど、
今のデザインブックにない手法やデザインがあって、職人の仕事とは違って、
これなら時間をかければ作れるかも?と何とか真似できるアイディアソースとしても、
貴重だと思っている。






ノベルティレースと呼ばれることがある一群のホームメイドタイプのレースがある。
ノベルティはめずらしい、斬新な、奇抜なという意味なので、ざっと
面白アイディアレースというくらいの意味と思っていいでしょう。

バテンレースやプリンセスレースなどと同じく、既成のテープを使って
作るレースなのだが、ピコットコード、コロネーションコードなどを含む
専用の様々なテープを使って作られることが多い。
ごらんのクロスのように手近にある、山道テープ(ジグザグのあれですね)を
使って作られたものも、時々見かける。

そうしたテープを、バテンレースと同じように、ニードルレースで使われる
かがり縫いで縫い合わせて形にしたもの、かぎ針編みで、つないで
作ったもの、ただテープをデザインにあわせて縫い合わせて作ったものなど
など様々あり、応用自在なレース。


d0129646_17315886.jpg


このクロスは色の明るさから、一見すると50年代くらいに見えるけれど、
多分1920年代前後のもの。

こういうクラフトがはやった時代のようで、(もっと古いのもありますが)
古いサンプラーアルバム(デザインブックがわりに、サンプルを集めた見本帳)でも、
このモチーフ、何度か見かけたことがあります。



d0129646_17321018.jpg


山道テープの山を針と糸ですくって花形を作り、真ん中に
黄色でこの時のレースと同様のコイン型をかぎ針で編んで
とじつけてある。

このマットは、モチーフをつなげてモスグリーンのシルク地に縫い止めてあるのですが、
モチーフ4こずつ、9こずつなどで正方形を形づくり1セットにして同じ大きさの
かぎ針編みだけのモチーフと交互につないだり、1個だけを刺繍と組み合わせて
使ったり、それだけで、アクセサリーに、と色々な作品に活用できると思う。
真ん中が面倒だったら、ボタンや布や刺繍(フレンチナッツなど)で
花心をつくってもいいですね。

d0129646_17322524.jpg

by au_petit_bonheur | 2008-10-27 18:22 | レースノート

<< ヴァネッサ・ベルの家を借りる? ロンドン午前四時 >>