人気ブログランキング |

実りの秋 レース編

もう10月。早いですね。
いよいよ秋本番。
実りの秋、ということは食欲の秋。


先日、丹波に住むお友達から、本場の丹波栗を沢山送っていただきました。
(この写真は収穫時の様子をメールで送って下さったものです。
Tさん、ありがとうございました。)

d0129646_12264143.jpg


Tさんとはネットを通じて知り合い、お付き合いさせてていただいて、
もう3年くらいでしょうか?
まだお会いしたことはないけれど、お仕事の傍ら、とても素敵な作品を
作られている方なんですよ。
お漬け物はじめ、いろいろな保存食も手作りされているので、
毎日ぼやっと暮らしている私は、お話をするたびに、自分の暮らしを振り返って、
どこかまねしたいと思っています。

おいしい栗どっさりの栗ご飯をつくったら、夫も娘もたくさんおかわり
してくれました。



今日は実りの秋からの連想でぶどうが編み込まれたレースをご紹介。
More以下にアップの画像もありますので、よかったら編んでみてくださいね。
(画像クリックで、さらにもう少しだけ、大きくなります)


d0129646_1227489.jpg

この3種のかぎ針編み。みんな葡萄のモチーフですが、糸の太さも
実の表現もいろいろ。
実の丸い部分だけでも編んで、アクセサリーなどに
使うとかわいい。


Irish Crochet and Gros Crochet in grape pattern.
I like those old patterns very much.
Click to enlarge for the details of patterns.
You can crochet with close-up photos
in the window opend by clicking "More".






d0129646_12272265.jpg


こちらは、アイリッシュクロッシェとよく似ていますが、普通アイリッシュクロッシェ
と呼ばれるレースよりは、かなり太めの糸が使われています。
葉は細編みの畝編みを使ったパターン。
グロウクロッシェ(おおきなクロッシェの意味)に分類されるものと思います。
アイリッシュクロッシェはパディングコードと呼ばれる、芯になる糸を
編み込んで、立体感を出すのですが、こちらは、芯糸が入っていないようです。
襟の一部。

実の部分は先日のフリンジと同様の編み方です。
d0129646_12273474.jpg

実のアップ。
段をつけないで、渦巻き状に編み上がっているようにみえますが、
段を変えて編んでも大丈夫だと思います。
2段ごとに2目に1度増し目でしょうか?


d0129646_12275131.jpg

こちらもアイリッシュでもみられるパターンだけれど、これも少し太い。
ルーマニアなどのかぎ針編み、この丸いモチーフ、よく使われるようです。

d0129646_1228934.jpg

長編みの丸って、いろんなモチーフやドイリーの編み始めに使いますよね。
これは、長編みの代わりに長編みロール編みが使われているだけなんですけど、
シンプルなのに、長編みの場合より、ずっと手が込んでいるように見えて
好きなモチーフです。

ロール編みは刺繍で言うとバリオンローズステッチのように、
針に糸を何度も(太さにもよりますが15回くらい?)巻き付けて
引き抜きます。

d0129646_12282386.jpg


ね?
こんな風に周囲に簡単なネット編みをするだけで、かわいいモチーフとして
使えます。
これは多分アイリッシュクロッシェに使われるはずだったモチーフ。
細い糸で編まれた古いもの。


d0129646_1371276.jpg

こちらは、細い細い糸で編まれたアイリッシュクロッシェのドイリー。
d0129646_12284764.jpg

実の部分は細編みですが、芯の糸を何重にも巻いてとても立体感があります。


葡萄ついでに、ここで少しご紹介したのニードルレースの葡萄柄ドイリーをアップで。
ボタンホールステッチで、一針ずつかがって作られているの、
ご覧頂けるでしょうか?

Coseup of needle point lace doily with grape pattern.
The minute buttonhole stitches can been seen in the close-up photos

d0129646_12283419.jpg

d0129646_1228589.jpg

d0129646_12291037.jpg

by au_petit_bonheur | 2008-10-03 13:22 | レースノート

<< 実りの秋 レース編 その2 秋の扉 >>