タグ:刺繍 ( 49 ) タグの人気記事

#こやねうら Twilog

d0129646_14484677.jpg


ツイッターのログを保存するTwilog。
以前ブログでやっていた「見てみて!」の代わりの、公開ブックマークのようなつもりもあるツイッターなので、あれ、なんだっけ?とすぐに過去のツイートを探せるTwilogはありがたい。


写真も開いたまま表示されるので、こちらの方が見ていただきやすいことに気が付きました。


というわけで、#こやねうら のtwilog → 

画像は小さく表示されていますが、クリックでオリジナルサイズで見ていただけます。
よかったらご覧下さいね。



d0129646_14493427.jpg


d0129646_14503785.jpg

by au_petit_bonheur | 2013-03-23 14:56 | ディテール

#こやねうら (ツイッターにハッシュタグをつけました)

d0129646_10144250.jpg


(ヴィクトリアンのパンジーのモチーフ。刺繍の周囲にレースで飾って。これ、端整な編み目の19世紀の小さなニットバッグに入っていたもの。飾りに縫いつけようと思っていたのかなあ。)





「こやねうら」オープンまであと2週間ちょっと。「屋根裏」は保管用の箱の前にCABANONさんに持っていくものを入れた箱が並んで、作業スペースがないくらい。

只今、そのままワンピースとして着るのもいいし、ちょっとダメージがあるものはリメイク素材にもかわいい、フランスのナイティやパステルカラーが綺麗なシルクのスリップいろいろをお手入れ中です。準備はギリギリまでかかりそう。ブログで商品の紹介ができるのは、どうやら始まってからになる模様です。



写真も文も簡単にアップできるツイッターに商品のご紹介用に「こやねうら」のハッシュタグをつけました。こちらもそんなにはアップできないと思いますが、良かったら見てくださいね。

#こやねうら → 

ツイート下の「画像を表示する」をクリックで見ていただけます。大きな画像はアドレスをクリックしてご覧下さいね。




d0129646_10164850.jpg


上は、Noce Antiquesさんで見つけたリボン。Noceさんのセレクション、大好きでいつも狙っています。「こやねうら」でも販売させて頂きますので、お楽しみに。

これは、布でテープを作ってファゴティングでかがり合わせる手法。襟などでは見ることがあるこの手法だけど、小さなリボンというところがかわいい。この手法の襟をつけたキュリー夫人の写真があります。贅沢ではないけど、きりりとしたキュリー夫人の眼差しに似合っていますね。






今日はNoce Antiques/Hallelujahさんと打ち合わせに行って来ます!



***案内の葉書は、好きなボタンを縫いつけてボタンシートにしたり、モチーフとコラージュしたりにもかわいいようにデザインしていただいたお気に入り。お持ちの方は是非使ってくださいね。

by au_petit_bonheur | 2013-03-20 10:34 | ディテール

帯を手作りする楽しみ

昨年末のことになりますが、骨董市で布をお買い上げくださったお客様が通っておられる帯の教室の展示会にお邪魔しました。


d0129646_122357.jpg

お買い上げ頂いた布で作って下さった帯。



ウクライナのリネンです。麻を育てるところから、糸紡ぎ、織り、刺繍(クロスステッチ、白糸のドロンワーク)、(レース)とすべての仕事をそれぞれの家庭内で手がけた、まさしくホームメイドの布。フランスなどでは、田舎の方でも手織りのリネンは1920年代以降は機械織りに取って代わられたと聞いていますが、ウクライナでは1950年代くらいまで、西欧でいうと19世紀の雰囲気を持った布が作られていたようです。

昔の手織り機の幅なので、幅50センチ前後まで、そして長さ2メートル半ほど、あるいはそれ以上の長い布。タオルとして使われるシンプルな布もありますが、装飾的なものは赤ちゃんの誕生のお祝いに、結婚式では新郎新婦の手を結びつける、あるいは客に供するパンと塩を載せる布として、そしてお葬式でも、と人生の節目節目に手作りされたそうです。また、お祭りでは幟のように使われたり、家の中ではイコンが飾られた壁に一緒に垂らして飾られます。

1950年頃までは赤と黒が基本色で、薔薇や罌粟など花のデザインが多い。花や鳥など、それぞれのパターン、色にも古来からの信仰に基づいた意味があるそうです。長い布の両端に同じ刺繍が施されているのですが、豪華なものだと全体の半分以上が刺繍されています。結婚を祝うものは二人のイニシャルが入っています。


このような布は、パターンや色使いは少しずつ異なり、織り模様のものもありますが、ウクライナだけでなく、ロシア、ベラルーシ、ルーマニアなどの国にあります。日本でよく知られるようになったハンガリアン・リネンもこの仲間だと思いますし、みやこうせいさんの『ルーマニアの赤い薔薇』Amazonには、壁にかけて使われている写真がありました。


刺繍されるなら>
*『クロスステッチ・フォークロア』Amazonにウクライナのデザインが紹介されていました。
*ロシアのものならRamziさんのブログに古いロシアの図案集があります




この名古屋帯は2枚の布を使って作ってくださいました。2枚の柄を前柄、お太鼓、手、垂れと素敵に組み合わせて使って下さっていて嬉しい。手のところは、ウクライナリネンによく使われる白糸のドロンワーク(方眼模様)を模倣しているのだと思われる単色のクロスステッチのボーダー、垂れは結婚する二人を祝福する2羽の小鳥。残った布で、付け帯が一枚作れるそうです。


d0129646_11525668.jpg


ヨーロッパの布で作られた帯のコーナー。右端はモリスの布。インテリアファブリックの帯は、どれも素敵で他では見つけられない存在感です。締めて歩くのが楽しくなりそう。左端のトナカイの柄もお客様のものです。少しだけ足りなかった部分に、別のお店で見つけられたやはりトナカイの柄の布を合わせて垂れの部分にしてアクセントに、という工夫も楽しい。


d0129646_1251219.jpg


北欧の布にジム・トンプソンのタイシルクを合わせた2本の帯。合わせたブルーと茶色で違った印象ですね。なるほど、柄の中の一色を使うといいんですね。着物もやはりこの2色どちらかの無地の紬などを合わせるといいのかな?


和の古い布で作られた帯、日本刺繍を習っておられる方がご自身で刺繍を施された帯、タティングレースをアプリケした帯など、手作りならではの帯が沢山ありました。(出展作品はこちら


d0129646_12513079.jpg


バッグの教室もあります。このがま口が連なったユニークなバッグは先生の作品です。本格的なバッグ作りが習えるそうです。


若い頃は、私の世代としては比較的和服を着た部類だと思いますが、最近はご無沙汰です。自分が好きな布で帯を作るのは、布好きの贅沢だなあ、着物を着て出かけるのも楽しいだろうなあと思いながら帰って来ました。



(写真はお客様からお借りしました)

by au_petit_bonheur | 2013-01-17 12:53 | 古い布

大江戸骨董市 11/18/2012

今日の東京は晴れ、昨日はしとしとと静かな雨降り。一日おきに晴天と雨天が入れ替わり、おかしなお天気。土曜日の大雨で開催されるのか心配した大江戸骨董市ですが、日曜日は晴天に恵まれ、無事開催されました。


d0129646_1441194.jpg


私のブースはこんな感じ。今回は持っていったスーツケースを台にしてみたのですが、少しは見ていただきやすくなったかな。でもそうすると台の反対側に手を伸ばしにくくて、見て頂いた後の並べ替えがやりにくいんですよね〜。検討の余地あり。(写真に文庫本を読みながら店番をする娘が入ってた。白物が多いから、飲み物を飲むのもこわごわ)


娘がいたので、周りの方と前回ほどお話しなかったのですが、右隣はスウェーデンの布もの中心の方、左隣はフランスのもの中心で、お店でのイベントなどでも販売されている方。どちらのお品にも興味津々。背中あわせには古伊万里の優品ばかりを扱っておられる方で、動きの大きい私は立ったり座ったりするたびにヒヤヒヤ。でも、好きなのでちらりちらりと間近から目の保養をさせて頂きました。


朝はいつもいらしてくださるご近所にお住まいの方が来て下さったものの、いつもどおりお客様は少なめ。午後からはツイッターでお知り合いになった、実際に刺繍作品を作られている方や、大塚あや子さんの展示に来られている方などに品物を見ていただき、いい方のところにお気に入りをお届けできて嬉しかったです。


d0129646_10404470.jpg


持っていったこちらの刺繍、いらして下さった@komariさんから糸は白糸だけど、デザインはジャコビアン刺繍に似ているとのご意見を頂き、また表紙のデザインが似ていると”Crewel Twist"(アマゾン)という本をご紹介頂きました。ジャコビアンというとCrewel workと思っていたのですが、こちらの本では木綿糸とビーズをふんだんに使って表現しているそうです。確かにそっくりのデザインですね。糸が違うだけで全く思いつきませんでした。

中身を見ないで決めないといけない場合が多いのに、日本語や現代の手芸書にない情報はネットと古書や洋書で、どの手芸でも本気で実作されている方の本のコレクションはかなりのものだと想像します。実作される方のアドバイスはとても参考になります。

ジャコビアンというとエリザベス1世の次のジェームス1世の時代で17世紀初。その様式を受け継いだジャコビアン刺繍はバロックなデザインねと思いながら見なおしてみたら、レースでいうとグロ・ポワンにも通じる雰囲気なのにも改めて気づきました。そういえば、以前、友だちのアンティークやさんで、ベルベットにグロ・ポワンをそのまま刺繍したような(多分19世紀?)スタンド付きのソーイングバッグ(白糸で刺繍。これよりレースに近い表現)があったのですが、あれも、グロ・ポワンを写したというよりジャコビアン刺繍だったのではないかと記憶の中の刺繍を思い出しながら考えました。



d0129646_10435160.jpg


@komariさんお手製のかわいいマウントメリック刺繍のピンクッションを頂きました。花びら部分のふっくらしたところはシードステッチで刺した上に縦横に下刺しがしてあるのだそうです。嬉しかったです。

他の方からも差し入れを頂いたり(撮る前に食べてしまった親子です。すみません)ありがとうございます。うれしく頂きました。でも、これからお気遣いはなさらないで、どうか見るだけでもお気軽にお立ち寄りくださいね。


接客も何もかも(また帰ってから娘からのダメ出し多数)まだまだですが、これからもどうぞよろしくお願いします。

次は大江戸骨董市in代々木公園、11月28日(水)出店予定です。こちらはかわいいヴィンテージのあれこれと布を中心に持って行ってみようと思っています。ホースショーのロゼットやハンティング柄のテーブルクロス、ホースレースのバッグなど何故か好きで集めたお馬さんものも少々。お時間がある方は是非!





d0129646_14295159.jpg


お客様が持っておられた手作りのバッグ。ヴィンテージのニードルポイント刺繍を半分にして前後に使い、テネリフレースで縁取ったクロスをカバーに、ユニークなタッセルやスプーンの飾りも素敵。
totem のニードルポイントを使ったバッグが好きなのですが、やはり自分の為の手作りは一点物の楽しさがありますね。

by au_petit_bonheur | 2012-11-20 11:43 | 骨董市・イベント

刺繍のドイリー3種

今日の東京はぐずつき気味のぼんやりしたお天気ですが、明日は晴れの予報になっています。これから、そろそろ荷物を詰めて明日の骨董市の準備をしたいと思います。

屋外の骨董市ですので、お天気によっては中止となる場合があります。天候不順などの場合、当日の開催情報など骨董市のウェブサイトでご確認の上お出掛け下さい。

会場全体は有楽町東京国際フォーラムで9:00~16:00の開催ですが、3時半ころから閉店準備に入るお店も多いです。お時間のある方、是非お早めに。お店も沢山で、見て回るだけでも楽しいです。

万一私都合で当日キャンセルという場合、ブログかTwitterでお知らせします。(絶対にそれは避けたいですが)


昨日撮ったドイリーの写真、それぞれの面白さがあり、こちらで書き始めると長くなりそう、夜になってしまうのでFlickrにアップしました。下のタイトルの脇にそれぞれのセットのリンクをつけています。良かったらご覧ください。(それぞれの写真の左上、ActionsからView All Sizesを選択すると更に大きなサイズで見ていただけます)いつも持って行っているクラフトに使うのも楽しい♪というものより、どちらかというと飾って楽しみたいもの中心です。



ドロンワークのドイリー 

d0129646_1314618.jpg


サンプラーのように、中心部分のドロンワークが違って楽しい。
19世紀の手芸書にこのようなサンプラーのドイリーのページがあるので、いつかアップします。


d0129646_13331164.jpg


中の部分にテネリフ(ニャンドゥティ?この区別は実作される方のほうがはっきりしているような。教えてください)が嵌めこまれたものもあります。フリンジつきはクラシックなイメージ。たまご色の透ける布のよい雰囲気のものです。アメリカ。



マウントメリック刺繍のドイリー 

d0129646_13353673.jpg



この技法も、カサルグイディと同じく、アンティーク好きよりも刺繍を実作される方によく知られているのではないかと思います。19世紀半ばのアイルランドで農村救済のため一人の婦人が始めたもの。19世紀後半にはこの技法の本も出版されクラフトとして人気があったようです。(とは言え、なかなかであわないです。今回ナイティケースの良い物があったら、と頼んできたのですが、見つかるのはいつのことやら)


マウントメリック刺繍はなめらかなコットンにみっちりこんもり盛り上がった植物のデザインの刺繍と棒針編みのフリンジが特徴。こちらはアイリッシュクロッシェにも見られるPassion Flower(トケイソウ)のデザインだと思います。


『フローラ』ドイリー 

d0129646_13365281.jpg


シルク糸で刺した花の刺繍のドイリー。Sweet Briarのようなノバラ、スミレ、忘れな草など野の花を摘んできて、そのまま布の上に針と糸で写したような楽しさがあります。アメリカではこのタイプはSociety Silk Embroideryと呼ばれ、19世紀の富裕層の婦人の間で楽しまれたものだそうですが、このドイリーを見つけたロンドンのお店の方はその呼び名は知らないということでした。アメリカ独自の呼び方なのでしょうか。小さいながら出来の良いものだと思います。


明日は晴れますように!

by au_petit_bonheur | 2012-11-17 13:41 | ディテール

刺繍のレリーフ Casalguidi

イタリアの刺繍カサルグイディの小さなバッグ。

カサルグイディは私はこれ一つしか実物を見たことがないのです。アンティーク好きの人よりも刺繍を実作される方によく知られている手法だと思います。


素朴な粗めの布とシンプルな形のバッグに特徴ある立体感をもつ刺繍、糸の彫刻という印象です。


d0129646_013631.jpg


More

by au_petit_bonheur | 2012-11-17 01:22 | ディテール

フランスの刺繍のデッサン、レースの型紙など

今年の旅行中、V&Aのオピニオン・サービスに初めて行きました。

毎月第一火曜日の午後2時半から5時まで、自分の持っている古いものを持って行くと、専門家の意見が聞けるというサービスなのです。すごく大雑把な言い方をすると評価額の提示のない「なんでも鑑定団」みたいな感じでしょうか。


d0129646_2350411.jpg


予約不要。サービス当日博物館の受付でオピニオン・サービスに来た旨、そして何を持ってきたかを伝えると、どこに行けばいいか、担当の部署と場所を教えてくれる。時間まで担当の部署の前で待ち、時間になったら順番に部屋に通されて、また細かく相談内容を話すと、一番ふさわしいと思われるキュレーターに面会できるという手順なのです。

d0129646_23514523.jpg

(多分ニードルレース用の赤ずきんちゃんのパターン。リンクを付けるのはバツが悪いけど、こんな感じになるのだと想像)



Flickrにアップしました。 個々の写真のページ、左上のActionからView All Sizesで更に大きな画像で見ていただけます。

More

by au_petit_bonheur | 2012-11-16 01:45 | パターン・素材・資料

侯爵家の王冠とイニシャル刺繍のナプキン

ホワイトワークの刺繍が美しいナプキン。フランスのものです。

d0129646_21453038.jpg


大きなサイズの画像はこちらで。

More

by au_petit_bonheur | 2012-11-14 22:22 | 古い布

イーラーシュシュについてコメント頂きました

先日のイーラーシュシュについて、リンクさせていただいていた谷崎さんから直にコメントを頂き詳しく教えて頂きました。現地からの得難い情報を教えていただけて本当に嬉しいです。投稿してみてよかったなあ。


d0129646_0221116.jpg



以下、引用させて頂きます。

現地ではカルドシュ(刀の)と呼ばれるモチーフですね。チューリップの形が似ているので、そう呼ばれているようですが、旦那の意見によると、元々は曲線がつながっていた典型的なルネサンス様式のモチーフの名残のようです。このサイズですと、クッションカバーのトップの部分かなと思います。ピンキング鋏でカットしてあるようですね。お花の花びら以外はすべてオープンチェーンステッチで刺繍されていますが、昔はすべて同じステッチでした。(引用終わり)



長細いペイズリー柄のように見えるところが、刀と言われれば、確かに刀に見えてきます。

西欧でのペイズリー柄は17世紀、東インド会社によってインドとの交易でヨーロッパにもたらされ、珍重されたカシミールショールに由来します。18世紀後半〜19世紀になって薄地のコットンモスリン(マリー・アントワネットのペザントスタイル、オースティンものの映画に見られるようなハイウェストのリージェンシースタイル)のドレスが流行するようになると併せて流行したこのショール、イギリスでも作られるようになるのですが、そのイギリスでの主要産地名がペイズリーでした。そして、もともとのこのカシミールショールの起源をたどればペルシャに行き着くようです。

この刺繍の刀部分はペルシャの刀のイメージだなあと、頂いたコメントからペイズリーとペルシャの関係を思いながらもう一度見なおして面白く思いました。


ほぼオープンチェーンステッチでこんなみっちりした刺繍なんですね。シンプルな技法でこれでもかっていうくらい刺してあるフォークロアな刺繍に特別な魅力を感じます。沢山見たいです。



おすすめのウェブサイト

谷崎さんのもう一つのブログ。トランシルヴァニアへの扉を拝見して憧れをつのらせています。右にもリンクさせて頂きましたので、ぜひ!

カシミール・ショールについては、ネット上では、参考リンク集にも入れているVictoriana Magazineのこの記事が詳しいです。カシミール・ショールを羽織った19世紀スタイルのファッション・プレートも見られます。Victoriana Magazine Beyond the Fringe 

カシミールショールを始め刺繍家望月真理さんのコレクション こちらのブログ、イスラムアート紀行も、布好きには目の楽しみ。 via sayoさん

by au_petit_bonheur | 2012-11-12 23:01 | 古い布

猫刺繍の壁掛け

明日の大江戸骨董市の看板息子たち。

d0129646_11241388.jpg


More

by au_petit_bonheur | 2012-11-03 12:07 | 古い布