タグ:モチーフ ( 32 ) タグの人気記事

テネリフ、ニャンドゥティ メモ

アンティークレースの本では、ニャンドゥティはあまり詳しく書かれていないのです。

クロッシェもアイリッシュクロッシェを除くとそれほどないし、その他のクラフト系のレースに多くのページが大きく割かれることはあまりなく、分からないことが多いです。(本にあるから分かるというわけではなく、どのレースも知らないことだらけですが)


テネリフレース(テネリフェレース 地名読みではテネリフェ)についても詳しくないのですが、ニャンドゥティについては、テネリフの南米のバリエーションというくらいのことしか読んだことがなく、作り方の違いは分かるのだけど、見分けるときのポイントはどこなのかと思って来ました。このあたりは、実作される方は技法書も色々お持ちで詳しいところだと思います。



「こやねうら」開店まだ数日、今のところまだ準備しながら営業という感じで、本を確認したりする時間がないので忘れてしまいそう。いつかハンカチやドイリーを見ていただきたいのですが、メモとして、今まで見つけたページ、ツイッターでフォローさせていただいている方のブログ投稿、ちどりさんから頂いたコメントをまとめておきます。ご覧になってまたご意見がありましたら、教えて下さいね!



+++V&Aのコレクション 
d0129646_9211939.jpg


「1800年代 パラグアイ製 テネリフスタイル」 という説明

(アンティーク方面ではこんな認識という例)





+++古い技法書 Dillmont, Th. de, ed., D.M.C. Dentelle Ténériffe, La. (Mulhouse, Dollfus Mieg & Cie,) [c.1895]  
(Antique Pattern Libraryより PDF)







動画 3本

+++母親から習って8歳の時からニャンドゥティを作り始めたパラグアイのイタグアにすむおばあさんの動画 


+++動画。La Reina del Ñanduti (ニャンドゥティの女王)ニャンドゥティレースを作りながら歌
。イアリングも衣装も豪華なニャンドゥティ。


+++動画 クロアチアのLace Making。 現在もニードル、ボビン、ネット、テネリフなど、色々なレースが作られている。ここのテネリフは器具を使わないで、紙の台紙でニャンドゥティの布の台に近いですね。ニードルレースとの親近性も高い。








+++表参道のQuicoさんのニャンドゥティ。現代のニャンドゥティについて私が見聞きした最初はQuicoさんのご本『Quicoのスタイル』(文化出版局 2007年)からでした。


+++最近出版された『世界のかわいいレース』(矢崎順子、誠文堂新光社  2012年)にも取り上げられていました。


d0129646_9553866.jpg


d0129646_956413.jpg




頂いたコメントや教えていただいたブログ記事をご紹介〜

+++「ヂャンティ織り機でニャンドゥティとテネリフェレース」(作り方イメージ、参考になりました。)Piyoちゃんの「ぼちぼち日記」



+++ちどりさんのブログ記事  (コードレースの本の紹介ですが、この件についての部分あり)



+++ちどりさんからいただいたコメント

〜〜昭和41年発行の本に、明治大学の飯塚教授のレースに関する文章が2通載っています。
一つはレースの歴史、もう一つはニャンドゥティについて。
読み込めていないので、内容についてはまた。

技法というほどのことは言えないですが、実際にやって気が付いたことを。
ニャンドゥティは台布にかがり付けながら、表を見て作ります。
縦糸をかなり強めに張るために、使えるかがりがダーニングとノットぐらいです。
その縦糸の張りのために、裏糸が処理できない。
これは作業効率のためもあるかもしれませんが、
他のレースでは裏糸がそのまま出るというはあまり見たことがないように思います。
ディスクやクッションを使用したソルレースでは、裏面からの作業になり、縦糸にある程度の緩みをつけるため多様なステッチを使えます。
ニャンドゥティの場合、仕上げにキャッサバ粉で糊がけをしますが、その糊がけによる固さの違いだけでなく、
モチーフどうしのつなぎ方からも手触りや見た目の違いが出てくるように感じています。〜〜


(飯塚信雄さんの本は何冊か持っていますが、その古い文章は見たことがありませんでした。見たいです!)





+++私の以前の投稿  日本の古いテネリフレース編み機  (コメントを色々いただいています)




d0129646_11462881.jpg


+++また、この日の投稿で、上の品物についてちどりさんからコメントを頂いいています。分類するとドロンワークということですが、デザインなどで共通するところがありますので、こちらにご紹介しておきます。かがり方の和名、素敵ですね。

〜〜中心部分の放射状の糸をかがってあるものですが、
やはり布の縦糸、横糸を抜いた空間にかがりを入れているので、
分類するならば、ドロンワークになるのかと推測します。
「DRAWN THREAD WORKS」という本の中に同じかがりを見つけることができました。

また、日本のドロンワークの古い教書、手持ちの3冊に当たってみましたら、
「四隅の仕上げ方」ということで、
この四角形の大きな枠のかがり方の説明がしてあります。
風流なのは、いろいろなかがり方に和名が付いていることです。
この画像のかがりは、和名でいうところの「矢車草かがり」を変化させたものと思われます。
他にも「ダリアかがり」「水仙かがり」「コスモスかがり」と
様々なかわいらしい名前がつけられています。
日本人らしい楽しみ方だわ・・・と、改めて読み返したところです。〜〜



+++PiyoちゃんからTwitterで頂いたコメント
〜〜初期のテネリフェはカットした布に施されてたようで、カットワークの一種から始まったということもあり得ますねー。〜〜

(このドイリーはその繋がりとも言えますね)






「こやねうら」at CABANON 本日お休みです。午後義母に会いに行きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「こやねうら」at CABANON     4月5日(金)-5月28日(火)    
             
+++ 詳細はこの日の投稿 をご覧ください。
+++ 関連のブログ記事 

+++ 商品の一部はこちらでもご紹介しています。画像クリックで拡大出来ます。

Hallelujah/Noce Antiquesさんのブログもご覧くださいね。

Hallelujah 
Noce Antiques 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

by au_petit_bonheur | 2013-04-10 11:06 | レースノート

ホニトンレースのサンプル帳

d0129646_13474333.jpg


小さな青い紙を綴じ合わせたボビンレースの練習帳。 表紙には「LACE」の手書き文字。

d0129646_1403791.jpg


“1st Lesson Dec. 4th 1902”
ホニトンの普及品に見られる一筆がきの花丸みたいなお花。でも既にtally(日本のレース用語ではなんと呼ぶのでしょう)入り。

d0129646_142520.jpg


“2nd Lesson Dec. 11th 1902”

イギリスで見つけたのもあって、ホニトンのサンプラーと書きましたが、このページはデュセス(デュシェス)っぽい。

作らないで見るだけの者から見ると、ホニトンとデュセスは技法、糸の雰囲気や太さなどはよく似ていて、違いはデザインという印象なんですが、どうなんでしょう?教えてください。


私のイメージでは二つのボビンレースを比べると、

レースの一大生産地でデザイナーも多かったブリュッセルのデュセスに比べて、ホニトンのモチーフは一筆書きのようなデザインも多くて、パディングコードを繋げてデザインするアイリッシュクロッシェに似た雰囲気のデザインのものがある。

うまく説明できないけど、薔薇の花が違う。ホニトンはtallyが花芯にあしらってある。花びらの重ね方が違う。ホニトンの薔薇の花の描き方は、トールペイントでいうとアッセンデルフトの薔薇みたい(....とこれまた門外漢の感想)

また、上級品でいうと、ポワンドガーズが同じ町で作られたデュセスは、立体にするのはポワンドガーズにほぼ譲った?のに対して、ホニトンはチョウチョや鳥、花びらなどレースを重ねて立体にするものも多い

という感じなんですが。





d0129646_13494252.jpg


スズランの花2輪。他は何の花?

d0129646_1351168.jpg


リボンのモチーフ。
挟まっていたサンプルには“Intentional Twists in middle of this”と“E.M.Field First Lesson Dec.4th 1902”のメモ書き。(ここではなく、最初のページと併せて写真をとるべき ^^;)


d0129646_14141983.jpg


(そして上の写真では隠れて見えないけど)このページには“3rd Lesson”の文字。
どうやら週一回のレース・レッスンみたいです。。

一回目のレッスン内容といい、進度といい、既に心得がある人だと思う。
手慣れた手書き文字からすると、職人養成のクラスというより、趣味のレース作りなのかな?


d0129646_14153888.jpg


葉書くらいの大きさ。スズラン一枚は縫いつけてないので、ちょっと葉書の上に置いてみました。



++++++++++++++++++++++++++


こやねうら at CABANONにて販売します。

その他の商品をツイッターでも紹介しています。
#こやねうら → 

by au_petit_bonheur | 2013-03-22 14:28 | サンプラー

#こやねうら (ツイッターにハッシュタグをつけました)

d0129646_10144250.jpg


(ヴィクトリアンのパンジーのモチーフ。刺繍の周囲にレースで飾って。これ、端整な編み目の19世紀の小さなニットバッグに入っていたもの。飾りに縫いつけようと思っていたのかなあ。)





「こやねうら」オープンまであと2週間ちょっと。「屋根裏」は保管用の箱の前にCABANONさんに持っていくものを入れた箱が並んで、作業スペースがないくらい。

只今、そのままワンピースとして着るのもいいし、ちょっとダメージがあるものはリメイク素材にもかわいい、フランスのナイティやパステルカラーが綺麗なシルクのスリップいろいろをお手入れ中です。準備はギリギリまでかかりそう。ブログで商品の紹介ができるのは、どうやら始まってからになる模様です。



写真も文も簡単にアップできるツイッターに商品のご紹介用に「こやねうら」のハッシュタグをつけました。こちらもそんなにはアップできないと思いますが、良かったら見てくださいね。

#こやねうら → 

ツイート下の「画像を表示する」をクリックで見ていただけます。大きな画像はアドレスをクリックしてご覧下さいね。




d0129646_10164850.jpg


上は、Noce Antiquesさんで見つけたリボン。Noceさんのセレクション、大好きでいつも狙っています。「こやねうら」でも販売させて頂きますので、お楽しみに。

これは、布でテープを作ってファゴティングでかがり合わせる手法。襟などでは見ることがあるこの手法だけど、小さなリボンというところがかわいい。この手法の襟をつけたキュリー夫人の写真があります。贅沢ではないけど、きりりとしたキュリー夫人の眼差しに似合っていますね。






今日はNoce Antiques/Hallelujahさんと打ち合わせに行って来ます!



***案内の葉書は、好きなボタンを縫いつけてボタンシートにしたり、モチーフとコラージュしたりにもかわいいようにデザインしていただいたお気に入り。お持ちの方は是非使ってくださいね。

by au_petit_bonheur | 2013-03-20 10:34 | ディテール

クロッシェレースの芯入りモチーフ

フランスのクロッシェレースのモチーフ2点。

金属、ボール紙などの芯を編みくるんだ小さなモチーフからできています。芯の形もリング、四角、楕円、花形、月形と色々。かぎ針のモチーフは糸だけで編む場合、アイリッシュクロッシェなどを除いて、円形(そのバリエーションとしての四角)と形に制約がありますが、このように変形の芯を使えば、ちょっとおもしろい形も可能。そして、この小さなモチーフの組み合わせ、つなげ方で出来上がりのモチーフのデザインも色々に工夫できるんですね。

d0129646_237438.jpg


More

by au_petit_bonheur | 2012-12-11 23:36 | ディテール

スズカケの大きなクロッシェ

秋から冬の楽しみは公園でいろんな実を拾うこと。縄文人の血が騒ぐ。
スズカケの実もよく探します。




これは、西荻に持っていこうと思って、忘れていたもの。(まあ、荷物が多すぎたからちょうど良かったのですが)スズカケの実を拾い集めたグロ・クロッシェ(アール・クロッシェと呼ばれることも)のランナー。

d0129646_21562474.jpg





撚りが甘めの太い木綿の糸で編んだどっしりとしたスズカケの実と茎と葉のモチーフ。このタイプのクロッシェは、アイリッシュと同じく、植物のモチーフが多く用いられているように思う。

More

by au_petit_bonheur | 2012-10-19 22:26 | ディテール

Flickrはじめました

d0129646_5535525.jpg


何か作られる時に参考に使って頂けたらなあと、今までブログにもなるべく大きめの画像でアップしていたのですが、最近エキサイトはサイズを自動調整するようになって、画像クリック→拡大ができなくなったみたい。大きな画像で見てもらうのにどこがいいかな?と試しにFlickrを始めて見ました。idだけは随分前に取ってあったのです。(twitpicはもっと大きくなるのだけど、最近調子が悪いみたい)

もともと下手写真の上、デザインが分かりやすいように真上からの写真ばかりで何だかな〜なんですが、よかったら見てくださいね。昔のものらしい、面白いデザインが沢山入ったクロッシェのサンプラーはモチーフごとに写真を取ったので、いつかこちらで見て頂けたらとは思っているのです。

このサンプラー、17日の大江戸骨董市で見ていただこうと思っていたのですが雨で中止。7月のルーサイトギャラリーの骨董市に持って行こうと思っています。


d0129646_5545345.jpg

(例えば、このマーガレット、立ち上がった真ん中の部分が面白いです♪)

by au_petit_bonheur | 2012-06-27 05:58 | サンプラー

骨董市とレースの蝶採集

日曜日は晴天に恵まれ、2度めの骨董市にも無事出店できました。

カメラを持って行っていたのに、なんとなく写真をとり忘れてしまいました。
今回は前回よりビーズやパーツ類、モチーフ類が多くて、レースより手芸パーツ屋という感じだったかも知れません。

d0129646_12124743.jpg




今回よく見ていただいたのは、フランスの裁縫のノート類。
同じ人が作ったノートが7冊ほどあったのですが、洋服の襟、袖などの製図に薄紙を縫い合わせて作った見本などが貼り付けられたもの。中にイラストが書かれているものがあり、50年代の雑誌のイラストによく似ています。

アーティストの家を集めた洋書で、紙で出来たこのような見本をたくさん並べてフレームに入れた部屋を見たことがあるので、ページごとに分けて、ソーイングルームに飾ってもらってもいいなあと思っていたのですが、お買い上げ下さったお一人は、洋裁の先生でした。その先生の授業では今も同じようなノートを作っているとのこと、生徒さんに「きちんと作っておくと何年も残る」例として見せてくださるのだとか。

セーラー襟をお買い上げ下さったのは骨董市通の男性のお客様。
「あの方、ガーリーなものも買われるのだ」とは、ちょうどその場に居合わせた大先輩の業者さんのコメントでしたが、私の中ではガーリー度が一番低いかな?という品物でした....

レースもガーリー目線で選んでいるつもりはないのだけど、
私、やっぱりガーリー趣味なのか?そうなのか?あれれ?


ブログを見て来て下さった方、貝のテーマで集めているかわいいお嬢さん、色んな物づくりをされている方、お客様にも恵まれました。ご自分で作られたものを身につけたお客様も多くて、興味津々。写真をとらせていただきたいくらい。リクエスト頂いた方は、お探しのものをお話から想像しながら見繕って、次回持っていけたらと思います。

ありがとうございました。


6月2日(あせってます!)17日も出店予定です。その後、夏はお休みして10月くらいから再開予定です。お出かけになる機会がありましたら、どうぞよろしくおねがいします。




写真がないのも寂しいので、以前撮った蝶のモチーフ類の写真を残しておきます。
小さなモチーフならどのレースでも作りやすいし、花のモチーフと一緒に作るのもいいのではないかと思います。

More

by au_petit_bonheur | 2012-05-24 12:21 | 骨董市・イベント

グロ・クロッシェのブドウのモチーフ

もう随分前にリクエスト頂いていたのに、遅くなってしまって申し訳ありません。
西荻骨董好き祭りに持っていったグロ・クロッシェのブドウのモチーフの写真とってみました。

d0129646_1549719.jpg


この日の投稿の画像3枚目、古いグロ・クロッシェの本にこんなモチーフ(ブドウではないけど)を使ったカーテンが紹介されています。

このモチーフは多分上の本のものと同様の大きなカーテンから取り外されたものだと思われますが、残っていたのをあるだけ買ったので、まだまだ持っています。これは面白く使える!と思った材料はお財布と相談してなるべく沢山買ってしまいます。

グロ・クロッシェはアイリッシュ・クロッシェとは異なり、モチーフをネットで編みつなぐ代わりに、別に編んだネットにモチーフを縫い止めて作られることが多いようです。このモチーフも縫ってあった糸が少し残ったところがあります。

実と葉の部分はクリームベージュのコットン。蔓の部分は多分シルクのコード。このコードはどっしり太めで少し光沢のあるもので、素材としてもなかなか好きなものです。

大きさは実一つの直径が25ミリ、全体では最大の所で26センチx14.5センチくらい。ポストカードを大体の大きさのご参考に。

d0129646_15503578.jpg


クローズアップも撮ってみましたので、良かったら編んでみて下さいね。詰め物がしてあって、かなりぷっくりしています。ブドウのままでもいいけど、この実の部分をパーツとしてアクセサリー等に使うのも面白いと思うのだけどどうでしょう?この上に簡単な刺繍などを加えてもいいのじゃないかと思う。

葉の上に実を2〜3個配置して蔓と合わせてブローチなどにもかわいい♪
もちろんこのままでも。

d0129646_15501693.jpg


裏側はこんな感じ。

d0129646_15495960.jpg


麻糸の小さなタッセルや

d0129646_15492464.jpg


コットンの小さなボール。
ボールをいくつか連ねたフリンジか、下のようにアイリッシュ・クロッシェの装飾部分に使われるはずだったのかな、24個が糸で軽くとめてあります。ピアスやボタンなどに使うのもいいし、こうしたシンプルなパーツを組み合わせて使うと面白いと思う。

d0129646_2258499.jpg

(これはアイリッシュ・クロッシェのボレロの部分。かなり上手な手、端正な編地、ネット部分の装飾にもバリエーションもある凝ったもの。「屋根裏」に来られたお客様に見ていただくのに出したので、ちょっと撮ってみました。シンプルな編地にバラやシャムロックのかわいいタイプを選んでいただいたのだけど、どのように使われるのか楽しみ♪こちらも良かったら図案のご参考に。)

by au_petit_bonheur | 2011-12-05 16:07 | ディテール

お知らせ

d0129646_10332065.jpg


只今タンバー刺繍の投稿を準備中ですが、エキサイトのメールを見てびっくり。
もう容量の95%を使っているのだそうで、メールを頂いても届かないかも知れません。

あまり使っていないのに、有料会員にならなくちゃいけないということか〜。

という訳で、申し訳ありませんが、しばらくの間、何かありましたら、
コメント欄からお願いします。

by au_petit_bonheur | 2011-09-20 13:32 | 日常 非日常

大人の自由研究

しばらく涼しい日が続いた東京ですが、昨日から暑さが戻り、今日は更に暑い!

2〜3日間、息子犬がちょっと調子が悪く、何か変なもの食べたかな?と心配していましたが、どうやら元通り元気になったようなので、また5時半からの長めの朝の散歩を再開しました。

この朝の時間の気温、今日が一番暑かったと思えるのだけど、涼しい日の後だからかな。

散歩から帰って水やりをしていたら、近所のご主人がゴミ出しに出るところで朝のあいさつ。
「暑くなりそうですね」と言ったら
「そうじゃなきゃ困るけど、あきらめ切れないね」
なんだか分かる。
「暑い」と書くより「熱い」と書きたい午後2時です。


小学校の頃は、夏休みになると、必ず昼寝をさせられていました。3人の年の近い子供がいて、一斉に夏休みだと、母も日中息抜きが必要だったのかもと思ってみるけど、2階の子供部屋に上げられ、2時間くらい寝させられる。

本当に寝ているかどうか時々母が確かめに来るので、目を閉じて寝たふりをするのだけど、まぶたがピクピクして必ず母には分かってしまう。当時放映されていた「チャコちゃんけんちゃん」なんかの子役の子はどうやってあんなに上手に寝た顔が出来るのか不思議でした。

大人になって思い返してみると、風の止まった夏の午後、む〜んと温まった2階の部屋で汗を出しながらの子供時代の昼寝は、なんとも気持ちの良いものの記憶の一つになっています。



d0129646_14375942.jpg

夏休み、大人の自由研究、ボビンレースの蝶のモチーフ標本。

by au_petit_bonheur | 2011-08-10 14:38 | レースあそび