タグ:ドイリー ( 23 ) タグの人気記事

刺繍のドイリー3種

今日の東京はぐずつき気味のぼんやりしたお天気ですが、明日は晴れの予報になっています。これから、そろそろ荷物を詰めて明日の骨董市の準備をしたいと思います。

屋外の骨董市ですので、お天気によっては中止となる場合があります。天候不順などの場合、当日の開催情報など骨董市のウェブサイトでご確認の上お出掛け下さい。

会場全体は有楽町東京国際フォーラムで9:00~16:00の開催ですが、3時半ころから閉店準備に入るお店も多いです。お時間のある方、是非お早めに。お店も沢山で、見て回るだけでも楽しいです。

万一私都合で当日キャンセルという場合、ブログかTwitterでお知らせします。(絶対にそれは避けたいですが)


昨日撮ったドイリーの写真、それぞれの面白さがあり、こちらで書き始めると長くなりそう、夜になってしまうのでFlickrにアップしました。下のタイトルの脇にそれぞれのセットのリンクをつけています。良かったらご覧ください。(それぞれの写真の左上、ActionsからView All Sizesを選択すると更に大きなサイズで見ていただけます)いつも持って行っているクラフトに使うのも楽しい♪というものより、どちらかというと飾って楽しみたいもの中心です。



ドロンワークのドイリー 

d0129646_1314618.jpg


サンプラーのように、中心部分のドロンワークが違って楽しい。
19世紀の手芸書にこのようなサンプラーのドイリーのページがあるので、いつかアップします。


d0129646_13331164.jpg


中の部分にテネリフ(ニャンドゥティ?この区別は実作される方のほうがはっきりしているような。教えてください)が嵌めこまれたものもあります。フリンジつきはクラシックなイメージ。たまご色の透ける布のよい雰囲気のものです。アメリカ。



マウントメリック刺繍のドイリー 

d0129646_13353673.jpg



この技法も、カサルグイディと同じく、アンティーク好きよりも刺繍を実作される方によく知られているのではないかと思います。19世紀半ばのアイルランドで農村救済のため一人の婦人が始めたもの。19世紀後半にはこの技法の本も出版されクラフトとして人気があったようです。(とは言え、なかなかであわないです。今回ナイティケースの良い物があったら、と頼んできたのですが、見つかるのはいつのことやら)


マウントメリック刺繍はなめらかなコットンにみっちりこんもり盛り上がった植物のデザインの刺繍と棒針編みのフリンジが特徴。こちらはアイリッシュクロッシェにも見られるPassion Flower(トケイソウ)のデザインだと思います。


『フローラ』ドイリー 

d0129646_13365281.jpg


シルク糸で刺した花の刺繍のドイリー。Sweet Briarのようなノバラ、スミレ、忘れな草など野の花を摘んできて、そのまま布の上に針と糸で写したような楽しさがあります。アメリカではこのタイプはSociety Silk Embroideryと呼ばれ、19世紀の富裕層の婦人の間で楽しまれたものだそうですが、このドイリーを見つけたロンドンのお店の方はその呼び名は知らないということでした。アメリカ独自の呼び方なのでしょうか。小さいながら出来の良いものだと思います。


明日は晴れますように!

by au_petit_bonheur | 2012-11-17 13:41 | ディテール

ドイリーあそび 3

モチーフは、もともとテーブルクロスやハンカチなど製品のための素材だから
使われたらなくなるけど、ドイリーはそれ自体が完成品。

だからモチーフよりドイリーを見つけるほうが見つけやすい。
大きさもあるので様々に使えるから、本来の用途だけでなく、
手作りの素材としても好きなものです。


d0129646_9473113.jpg



ドイリーを使うといっても、10年くらい前までは、海外の手芸書に
ちょっと野暮ったい使い方を見つけるくらいで、あまりやってみる気にならなかったけど
最近はこれいいなあと思う使い方をよく目にするようになったし、
日本でもお馴染みになった。


d0129646_9494110.jpg



このCountry Livingのページ(他にも写真あり)の使い方は中でも好きなもの。
紹介したいと思ってから2年近くたってしまった.....


d0129646_9471899.jpg



これなら少々古びたくらいのドイリーも面白い。

by au_petit_bonheur | 2011-10-17 10:00 | レースあそび

眠りの森の

d0129646_21483791.jpg


クローバーみたいな花をつけた蔓草がくるくるとからまって、その中に小さな鳥が一羽。
カントゥー(カンツー)レースの小さなドイリーです。
カントゥーレースは19世紀イタリアのボビンレースで、
カントゥーはイタリア北部の都市の名前から。
イタリアンロザリンとかロココとか呼ばれることもあるようです。

d0129646_21474583.jpg


一筆書きのようにくるくるつながった蔓は、テーブルクロスのような大きなものでは、
更につながり、それぞれの渦巻きの中に様々な小鳥だけでなく、
リスや狐さえいるのを見たこともあります。
さながら眠りの森に閉じ込められた森の仲間たちといった感。

d0129646_2148114.jpg



一度だけ見たその大きなものは、様式化されたデザインが
私には格調高すぎて、よそ行きすぎるように思え、
またちょっと唐草模様(風呂敷の)に見えてしまったりして
敬遠してしまってた。それでカントゥーレースは、
随分前に見つけたこれ一枚しか持っていないのです。

今ならかわいい動物が沢山のものなら一枚じっくりみたいと思うのですが。

d0129646_215016.jpg



私がボビンレースを織れるなら眠れる姫と蔓草の茂みに分け入る王子を入れたいな
などと夢想してみたりも。


d0129646_21475620.jpg


このドイリーの日光写真はまずまずの出来。はっきりしたデザインで
濃淡が織り分けられているところがいいみたい。

by au_petit_bonheur | 2011-08-08 22:19 | レースノート

チョウチョのドイリー(なぜか触覚が4本)

d0129646_13101744.jpg


日光写真の素材に出してきたレース その2
大きめのモチーフというかドイリー。
ざっくり織られた四角いチョウチョが面白いなあと思うのですが、
なぜか触覚が4本。

d0129646_1395088.jpg


イギリスで買って、ベッズ(ベッドフォードシャー)と言われたし、
そうだと思うのだけど、私、Clunyとの違いが今ひとつわからない。
(解説お願いしたい第2弾!)

大きさはこのくらい。

d0129646_1393899.jpg




日光写真、今のところはこんな感じです。もっと青白のコントラストを
強くするには露光時間を長くしたほうがいいのかな?
レースのチョウチョ標本を目論んでいましたが、羽がダブルになっているものは
写りがくっきりしないので、差し替え予定。

図案としてなら、今ならコピーがあるのだけど、だってやってみたいのだ。

現代の日光写真( kallitype、cyanotype)の作家Rinne Allenという人の
紹介記事(Apartment Therapy)を見つけた。

レースのドイリーのもある。
写真みたいに壁にズラリと並べるのもいいなあと思うのです。


d0129646_1310271.jpg

by au_petit_bonheur | 2011-08-06 13:27 | ディテール

ウチの姫

d0129646_22222310.jpg


まだまだ8月らしい暑さには遠いけど、今日は時々太陽がのぞいていたので、懸案(キットを入手してから1年半!)の日光写真をやってみる。

レースの古い図案(こんなのとか)に青写真が使われているのをいくつか見ているので、そんなのができないかなと思ったのです。テープレース類の図案が多いみたい、シンプルなニードルレース、アイリッシュクロッシェもみたことある。ボビンレースは見たことないな、図案としては意味ないのかなと思いながら選んだのは何故だかボビンレースのものばかり。

やってみたら、日光を当てたばかりの時はかなりかわいくくっきり写っているんだけど、水で洗って青白が反転したものは、まだ思うような出来上がりではなく、2セット買ったけど早くも用紙がなくなりそう。うまくできたら「もらって」企画もいいかしらなどと目論んでいたのですが、そういうレベルにはなりそうもありません。残念。

日光写真用に引っ張り出したレースのなかから、ウチの姫です。

d0129646_22221266.jpg


ボビンレースの大きめのモチーフ。姫もかわいいのですが、立体モノが好きなので、髪のところや洋服のダブルになっているところが特に気に入っているところ。衣装は19世紀前半のリージェンシーのころっぽくもあり、映画「ロミオとジュリエット」のジュリエットっぽくもあり。こういうののデザインってどういう風に選ばれたんだろう?


d0129646_22214185.jpg


目も一応ポツンとあります。(これがなかなか日光写真には難しい。)

More

by au_petit_bonheur | 2011-08-04 22:23 | ディテール

マクラメのドイリー

この間ショップに出した(これ)からかな、最近マクラメのサーチで来られる方がいらっしゃるようなのです。

マクラメって、ふわふわのアンティークレースのイメージからは遠いし、アンティークものとしてはあまり認知されていないと思うので人気はなかったなあ。(私としては精一杯の価格のつもりだったけど、一番高かったし。ガックリ)

d0129646_13202966.jpg



ロンドンの友達の家でも、古いマクラメの小さなバッグが電気スタンドにかけてあって可愛かった。そんな小さなバッグを作ったり、カーテンの片方の上端にフリンジが縦になるように付けて使ったりしたら、それはもう素敵!と思ったのでありますが。

でも、クラフトとして楽しむ方は私が思っているより多いのでしょうか。

そこで、実は出そうかと思ってやめたマクラメのドイリーのクローズアップ写真をのせてみます。(写真も変だし、お店に出したら恥かきアイテムもう一つ増えるとこだった....)よかったら参考に作ってみてくださいね。


d0129646_13201140.jpg


まんなかあたりの編み目にご注目。

More

by au_petit_bonheur | 2011-05-11 13:43 | ディテール

リシュリューのバラの花ドイリー

002 リシュリューのバラの花ドイリー ご売約済み
ありがとうございました。

この日の投稿のドイリーのデザイン違いです。
前回のものは水仙の花のように見えますが、これからの季節ならと、
バラの花のデザインを選びました。

d0129646_23383721.jpg


More

by au_petit_bonheur | 2011-04-12 22:15 | blog shop 2011

繊細なドロンワークのドイリー

006 繊細なドロンワークのドイリー。   ご売約済み
ありがとうございました。

d0129646_12553243.jpg


More

by au_petit_bonheur | 2011-04-12 22:11 | blog shop 2011

ドイリーあそび 2

暖かい日が続いて、もう春!春!
今日から雨だそうですが、くしゃみをしながら、もう春!と宣言したくなります。

だからというわけではないけど、明るい色のもの。

d0129646_1212171.jpg


かぎ針編みが好きですが、そのもの自体では、より細い糸で
より固めの手で編まれた古いパターンのものを主に集めています。
ビンテージものは私の子供時代まで残って見慣れたパターンが多くて、
60年代からのかぎ針マニアとしましては、パターンだけ見ると
それほど目新しく感じられないものも多い。

でも、色が豊富で、かわいらしさやカジュアルな暖かみがあるので、
物作りに使うには面白いと、少々探してもいますし、
どんな使い方が面白いかな、と考えたり、ヒントを集めたり。

これ、かわいい。
d0129646_1205229.jpg


Bouquet Light Shadeと名付けられたランプシェードは、以前Etsyの
Niceで売られていたもの。しばらく前にいろんなブログで紹介されていました。
大きなレースやハンカチ1枚でランプを覆うアイディアもありますが、
これは、気取らない、アットホームな雰囲気。


d0129646_19164787.jpg
Happy Cloud Light Shadeという名のこちらの生成り中心もかわいい。
こちらにはボビンレースのものも使われています。
ネーミングもいいですね
blogはこちら


I have seen these pretty shades on many blogs last year.
I like the selections of doilies and the way to combine them into unique shades.
made by NIce
Etsy
blog

by au_petit_bonheur | 2010-03-15 19:31 | レースあそび

ドイリーの一部なんですが

よ〜く見ると,,,,

d0129646_12501342.jpg


リネン糸で織ったボビンレースの中に手刺繍のパーツがはめ込んである。

d0129646_12502929.jpg


持っていた手刺繍の端布に合わせて織ったのか、それとも
レース部分に合わせて刺繍したのか分からないけど、
異なった手法を組み合わせて、ちょっと面白くしようという工夫がいい。
豪勢な大きな作品の凝った意匠としてでなく、ちいさな、普段使いのドイリーに
こんな遊びをしているところが、大変好みです。

(ディテールを、と実物より大きく掲載すると、間延びしてかわいく見えないのが残念)

かぎ針編みやバテンレース(もちろんボビンレースでも)に既成の機械刺繍や
小さなプリント柄の布をつけて作ったり、手持ちのレースの後ろに布をあわせて、
レースの隙間から覗くようにしたり、面白く応用できるのではないかな?


d0129646_12503917.jpg


裏側から。針目がぽつぽつと。
こういうのに、かなり弱い。

作った人の「いいでしょう?むふふ」が聞こえてくる気がいたします。

by au_petit_bonheur | 2010-02-19 12:55 | ディテール