<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

( 再度) 臨時休業のお知らせ


明日、4月13日、土曜日は義母のお通夜のため臨時休業とさせて頂きます。14日、日曜日の西荻骨董好きまつりも出店をお休みします。

よろしくお願いします。

by au_petit_bonheur | 2013-04-12 08:01

テネリフ、ニャンドゥティ メモ

アンティークレースの本では、ニャンドゥティはあまり詳しく書かれていないのです。

クロッシェもアイリッシュクロッシェを除くとそれほどないし、その他のクラフト系のレースに多くのページが大きく割かれることはあまりなく、分からないことが多いです。(本にあるから分かるというわけではなく、どのレースも知らないことだらけですが)


テネリフレース(テネリフェレース 地名読みではテネリフェ)についても詳しくないのですが、ニャンドゥティについては、テネリフの南米のバリエーションというくらいのことしか読んだことがなく、作り方の違いは分かるのだけど、見分けるときのポイントはどこなのかと思って来ました。このあたりは、実作される方は技法書も色々お持ちで詳しいところだと思います。



「こやねうら」開店まだ数日、今のところまだ準備しながら営業という感じで、本を確認したりする時間がないので忘れてしまいそう。いつかハンカチやドイリーを見ていただきたいのですが、メモとして、今まで見つけたページ、ツイッターでフォローさせていただいている方のブログ投稿、ちどりさんから頂いたコメントをまとめておきます。ご覧になってまたご意見がありましたら、教えて下さいね!



+++V&Aのコレクション 
d0129646_9211939.jpg


「1800年代 パラグアイ製 テネリフスタイル」 という説明

(アンティーク方面ではこんな認識という例)





+++古い技法書 Dillmont, Th. de, ed., D.M.C. Dentelle Ténériffe, La. (Mulhouse, Dollfus Mieg & Cie,) [c.1895]  
(Antique Pattern Libraryより PDF)







動画 3本

+++母親から習って8歳の時からニャンドゥティを作り始めたパラグアイのイタグアにすむおばあさんの動画 


+++動画。La Reina del Ñanduti (ニャンドゥティの女王)ニャンドゥティレースを作りながら歌
。イアリングも衣装も豪華なニャンドゥティ。


+++動画 クロアチアのLace Making。 現在もニードル、ボビン、ネット、テネリフなど、色々なレースが作られている。ここのテネリフは器具を使わないで、紙の台紙でニャンドゥティの布の台に近いですね。ニードルレースとの親近性も高い。








+++表参道のQuicoさんのニャンドゥティ。現代のニャンドゥティについて私が見聞きした最初はQuicoさんのご本『Quicoのスタイル』(文化出版局 2007年)からでした。


+++最近出版された『世界のかわいいレース』(矢崎順子、誠文堂新光社  2012年)にも取り上げられていました。


d0129646_9553866.jpg


d0129646_956413.jpg




頂いたコメントや教えていただいたブログ記事をご紹介〜

+++「ヂャンティ織り機でニャンドゥティとテネリフェレース」(作り方イメージ、参考になりました。)Piyoちゃんの「ぼちぼち日記」



+++ちどりさんのブログ記事  (コードレースの本の紹介ですが、この件についての部分あり)



+++ちどりさんからいただいたコメント

〜〜昭和41年発行の本に、明治大学の飯塚教授のレースに関する文章が2通載っています。
一つはレースの歴史、もう一つはニャンドゥティについて。
読み込めていないので、内容についてはまた。

技法というほどのことは言えないですが、実際にやって気が付いたことを。
ニャンドゥティは台布にかがり付けながら、表を見て作ります。
縦糸をかなり強めに張るために、使えるかがりがダーニングとノットぐらいです。
その縦糸の張りのために、裏糸が処理できない。
これは作業効率のためもあるかもしれませんが、
他のレースでは裏糸がそのまま出るというはあまり見たことがないように思います。
ディスクやクッションを使用したソルレースでは、裏面からの作業になり、縦糸にある程度の緩みをつけるため多様なステッチを使えます。
ニャンドゥティの場合、仕上げにキャッサバ粉で糊がけをしますが、その糊がけによる固さの違いだけでなく、
モチーフどうしのつなぎ方からも手触りや見た目の違いが出てくるように感じています。〜〜


(飯塚信雄さんの本は何冊か持っていますが、その古い文章は見たことがありませんでした。見たいです!)





+++私の以前の投稿  日本の古いテネリフレース編み機  (コメントを色々いただいています)




d0129646_11462881.jpg


+++また、この日の投稿で、上の品物についてちどりさんからコメントを頂いいています。分類するとドロンワークということですが、デザインなどで共通するところがありますので、こちらにご紹介しておきます。かがり方の和名、素敵ですね。

〜〜中心部分の放射状の糸をかがってあるものですが、
やはり布の縦糸、横糸を抜いた空間にかがりを入れているので、
分類するならば、ドロンワークになるのかと推測します。
「DRAWN THREAD WORKS」という本の中に同じかがりを見つけることができました。

また、日本のドロンワークの古い教書、手持ちの3冊に当たってみましたら、
「四隅の仕上げ方」ということで、
この四角形の大きな枠のかがり方の説明がしてあります。
風流なのは、いろいろなかがり方に和名が付いていることです。
この画像のかがりは、和名でいうところの「矢車草かがり」を変化させたものと思われます。
他にも「ダリアかがり」「水仙かがり」「コスモスかがり」と
様々なかわいらしい名前がつけられています。
日本人らしい楽しみ方だわ・・・と、改めて読み返したところです。〜〜



+++PiyoちゃんからTwitterで頂いたコメント
〜〜初期のテネリフェはカットした布に施されてたようで、カットワークの一種から始まったということもあり得ますねー。〜〜

(このドイリーはその繋がりとも言えますね)






「こやねうら」at CABANON 本日お休みです。午後義母に会いに行きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「こやねうら」at CABANON     4月5日(金)-5月28日(火)    
             
+++ 詳細はこの日の投稿 をご覧ください。
+++ 関連のブログ記事 

+++ 商品の一部はこちらでもご紹介しています。画像クリックで拡大出来ます。

Hallelujah/Noce Antiquesさんのブログもご覧くださいね。

Hallelujah 
Noce Antiques 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

by au_petit_bonheur | 2013-04-10 11:06 | レースノート

「こやねうら」 at CABANON オープンしました。

4月5日、「こやねうら」at CABANON オープンしました。

d0129646_22515158.jpg

(ありがとうございます〜)



少しずつ追加したり入れ替えたりする予定ですが、まずはこんな感じです。

d0129646_22543534.jpg


ドアを入って、ほぼ右半分が「こやねうら」コーナー。


d0129646_2326963.jpg


一番手前、祖父の仕事場から運んできた抽斗コーナー。個性的なボーダーや、モチーフ、スキャパレリのお花の帽子。孔雀の羽根はNoce さんのお品です(↑一つ上の写真)。


スカーフ、襟やカフスなどのコーナー。左下の箱にも入っています。右下のリボン状のレースは明日追加する予定です。

d0129646_23134627.jpg



Hallelujahさんのコーナー

d0129646_23123430.jpg


Noce Antiquesさんのコーナー

d0129646_2314248.jpg



ミシンの前のソーイングアトリエ・コーナー。

d0129646_23192263.jpg



CABANONさんのソーイング・アイテムはこのコーナーに。

d0129646_23202281.jpg





d0129646_22595093.jpg



真ん中のテーブルはCABANONさんのお品とdoilyの品物が混在。テーブルの下にも色々。左下のドイリーだらけのトルソーは店の外の目印代わりです。(開店前に撮影)


d0129646_2324583.jpg


手前の箱の中。4メートル近くある未使用のアイリッシュクロッシェ、未使用のブリュッセル混成レース、初聖体の時のリボンやバッグなど。


d0129646_234874.jpg


色々飾りやすいCABANONさんの棚の中にも私の品物も少し。



この棚の後ろ側には
d0129646_2355814.jpg


そして、更に後ろ側には

d0129646_2365786.jpg

テーブルの下のホーローの中には壁紙のロール。


CABANONさんの品物の棚。doilyのレースを少し入れさせていただいています。

d0129646_23372018.jpg


また右側や真ん中のコーナーのフックやホーロー、バスケットなど什器として使わせて頂いているものも、多くはCABANONさんのお品です。細々したものをまとめやすい器が色々あります。販売していますので、お気に入りを探してみて下さいね。

左奥のキッチン雑貨のラックと衣類のコーナー。オリジナルのワンピースも素敵です。私の品物も少し。

d0129646_23413394.jpg



d0129646_23444395.jpg


最後に、ミシンコーナにかかっている長谷川洋子さんの「MISIN」の絵。長谷川さん初期の大作に一目惚れ、「そのうち古いソーインググッズのお店を開くから飾りたい」と譲り受けたのは何年前のことだったか。やっとお披露目できます。写真では映り込みがひどくてよく見ていただけないので、ご来店の折にはご覧下さいね。


お待ちしています!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「こやねうら」at CABANON     4月5日(金)-5月28日(火)    
             
+++ 詳細はこの日の投稿 をご覧ください。
+++ 関連のブログ記事 

+++ 商品の一部はこちらでもご紹介しています。画像クリックで拡大出来ます。


Hallelujah/Noce Antiquesさんのブログもご覧ください。

Hallelujah 
Noce Antiques 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

by au_petit_bonheur | 2013-04-09 00:08 | 骨董市・イベント

臨時休業のお知らせ

昨年末から入院していた義母が昨日他界しました。

今週の土曜日、4月13日はお通夜のため臨時休業とさせて頂きます。14日の西荻骨董好きまつりも出店をお休みします。

よろしくお願いします。

by au_petit_bonheur | 2013-04-08 09:17 | 日常 非日常

「こやねうら」限定アクセサリー

いよいよ明日「こやねうら」オープンです。

Hallelujahさんが「こやねうら」限定アクセサリーを作ってくださいました。

d0129646_1042482.jpg




レースやリボンにParis Backのユニフォームボタンやマリア様のメダイなどをあわせた
かわいいネックレスやチャーム、ブローチ。

5000円以上お買い上げの方にプレゼントさせていただきます。



d0129646_1064225.jpg



d0129646_106269.jpg



d0129646_106687.jpg



d0129646_1055224.jpg



d0129646_1053796.jpg



d0129646_1052275.jpg



d0129646_105347.jpg



なくなり次第終了となりますので、お早めに!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「こやねうら」at CABANON     4月5日(金)-5月28日(火)    
             
+++ 詳細はこの日の投稿 をご覧ください。
+++ 関連のブログ記事 

+++ 商品の一部はこちらでもご紹介しています。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

by au_petit_bonheur | 2013-04-04 10:13 | レースあそび