<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

戻って来ました

2週間の一人旅からおととい帰って来ました。

時差ボケはしない!と決めているのに(決めるものなのか?)夜11時ごろ寝ても、一昨日も昨日も夜中の2時頃、ぐっすり寝足りた感じで目覚めてしまいます。西向きの旅行は行きはよいよいだけど、帰りは身体の時計合わせが難しい。

d0129646_1464495.jpg


(Quatorze Juilletに行われる航空ショーの予行演習中の飛行機の一団が通って行った。最後の一機)



今回、イギリスもフランスも、現地の人たちが、夏みたいじゃな〜い!というくらい、曇、雨、時に雷雨という天候だったのですが、サマータイムの時期なのもあって夜の10時ころまで明るいので、ユニクロの薄いパーカ一つカバンに入れて、歩きたいだけ歩いてきました。骨董市めぐりが終わって荷物を置いてから時間がある日は博物館へも行けたし、念願だったテムズ川の河畔でビーチコーミング(あるいはバンクコーミング?)もちょこっと楽しみました。



初めての買い付けメインの旅行でした。今まで行ったことがあるマーケット以外も日程と時間を組み合わせて出来るだけ回って来ましたが、帰ってきてみれば、あそこへもここへも足を伸ばせたのじゃないかという気がしてきます。家族で行くときは皆で大きいスーツケース空っぽで行けば、沢山持ち帰れるのだけど、今回発送するものも多くて、効率の良い荷造りと発送も次回への課題です。でも、好きなもののあるお店も新しく見つけたし、次回へ繋げていきたいと思っているところです。



エマさんとも久しぶりに会って、沢山お喋り。出会ってから今年で10年よ、と言われてみれば、当時娘は小学生だった。アントナンくんは大きくお兄ちゃんになって、小さなお姫様のホープちゃんは初対面でした。この10年の早かったこと。今回バッグデザイナーのタマラ・フォーグルさんのアトリエにもお邪魔しました。バッグデザイナーだけあって、古いバッグのコレクションが部屋のあちこちの壁面や棚にディスプレイされていて、スタイリッシュなご本人やバッグの雰囲気にもぴったり。(影響されて、古い素敵なドクターズバッグをフランスで見つけてきました♪)宿泊先も奥さんがジュエリーを、ご主人がボックスアートやコラージュを作るご夫婦のお宅だったのですが、何か作られる方の家は、興味津々で、いつも2歳児状態、これは?これは?と際限なく質問したくなります。エマさん、ジュリーさんから楽しみな計画も聞きました。


明日の土曜日から月曜日の海の日までの3日間ルーサイトギャラリーの骨董市に出店させていただきます。出かける前に用意していたものに加えて、持ち帰ったものと昨日届いた第一便の荷物から、レースのストール類やシルクシフォンにドロップビーズの刺繍のボレロなどいくつか追加して持っていきます。お時間のある方は是非!




ご連絡
大江戸で大きめのサイズのマリンシャツのリクエストを下さったご夫婦の客様へ。見つけて来れませんでした。1940年代頃という明るいブルーのワンピースのナース・ユニフォームを見つけたのですが、ご主人に興味を持って頂けるようなものは見つけられず、このワンピースは奥様には大きいと思います(私サイズ)。すみません!なかなか可愛いのでお直しできればいいかも知れないのですが。長袖なので秋口にでも大江戸に持って行ってみようかと思っています。ご希望があれば明日でも明後日でもお持ちします。

by au_petit_bonheur | 2012-07-13 14:19 | 日常 非日常