<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

傷だらけのノルマンディーレース

ノルマンディーレースは、始めの頃、フランスのノルマンディー地方やブルターニュ地方のボンネット(ボネ)に施されたホワイトワーク刺繍を再利用して作られることが多かったことから名付けられたと以前の投稿に書きました。今日のノルマンディーレースはまさにそのボネの刺繍を集めて作られているものです。薄く透けるようなモスリン地に緻密な刺繍。

全円が5枚、半円が12枚、2/3円が4枚、沢山の刺繍の見本のようなテーブルクロス。親戚中のボネを集めてきたのかと想像が膨らみます。

twitpicは拡大表示ができるので、少々ピンぼけですが(泣)そちらにもアップしてみました。ここ。この投稿の画像のいくつかは下に拡大画像のリンクを付けました。他の画像はよかったら、上記リンクから画像⇒View Full Sizeで見て下さいね。


d0129646_8491049.jpg

拡大すると、肉眼でははっきりわからない補修までよく見える。ニードルレースの手法で施されたカットワーク部分の飾りや、細かいのに立体を感じさせる刺繍も見事。芯入りのサテンステッチと細かな点々のシードステッチで陰影をつけています。

フランスの19世紀のハンカチやボネの刺繍などに見られるホワイトワーク、イギリスのエシャーワーク、18世紀ドイツのドレスデンワーク(ポワン・ド・ドレスド=ドレスデンレース と呼ばれる)、タンバーワークなどのホワイトワークはレースの文脈の中で語られることが多い。その場合、レースの代用品や模造品のように扱われることもあるのだけど、どの刺繍もそうするには余りある独自の魅力のあるものだと思う。

d0129646_8535857.jpg



d0129646_8534686.jpg




d0129646_8542654.jpg

拡大

弱った布を補強して刺繍の重さをサポートするため、裏にチュールを張って補修してあります。満身創痍、傷だらけ。だからこそ(それでも私にはぎりぎり)手にすることが出来たのだと思う。でも、もともと繊細な作りで、しかも既に一度ボネとして使われたパーツだけで作られているものなので、このようなタイプには完璧なまま残っているものは少ないのではないかと思うのです。現地在住の方や頻繁に買い付けに行く方なら見つけられるのかなあ。まあ、私には予算的にも多分無理なのでこの状態で大満足。


d0129646_8523045.jpg

拡大


d0129646_8514725.jpg



d0129646_8513283.jpg


色々な幅のヴァランシエンヌレースやニードルランなどチュールレースを間に挟んでピースワークしてある。ボネのマットな部分とチュールレースの透けている部分のコントラストも面白いところ。


d0129646_846332.jpg



d0129646_8511694.jpg

拡大



d0129646_8505821.jpg


実際の大きさはこのくらい?


d0129646_8503464.jpg



d0129646_8501449.jpg


前回の投稿では「ノルマンディーレースは〜」と、当然のことのように書いてしまいましたが、最近ノルマンディーレースの呼称が少し気になっています。

アメリカではそう呼ばれることが多いと思うし、本でもいくつか見たことがあるのですが、イギリスの本ではパット・アーンショウのものくらい?Lace Fairy のノルマンディーレースの項で、参照画像としてレヴィーの本が挙げられていたので、レヴィーもそう呼んでいたのかとページと図像番号で確認した所、名称の記載はなし。しかも19世紀より更に古い時代のもので、レースをリボン状などに接ぎ合わせたものをLace Fairy のLoriさんがノルマンディーと分類したもののよう。パッチワークという意味ではそうだけれど、今まで聞いたり読んだりしたノルマンディーレースの意味合いとはちょっと違うかなあ。

このレースの名前、当て推量だけど、フランスからイギリスやアメリカへ輸出する際に付けられたような気がしているのです。ノルマンディーレースという名前を使っている本などフランス、イギリスでご存知だったら教えて下さい。あるいはフランスでの標準的な呼称があればそれも是非インプット希望です。

d0129646_8492259.jpg



d0129646_8465392.jpg


d0129646_8532996.jpg



d0129646_852582.jpg

拡大



ホワイトワークのキャップバック(ボネのベース)の傑作のコレクションがこちらで紹介されています。著名なレース・コレクターであったらしいAlfred Lescure (1862-1913)旧蔵のものが主だそう。

このサイト宛てに以前問い合わせメールを書いたことがあるのだけど、使われていないアドレスということで返ってきてしまった。このウェブサイト、どういう方が運営しているのかわからないのですが、素晴らしく充実しているので、まだご覧でなければ他のページも是非。特にサンプラーや古いパターンの項目は個人のサイトでは、私は他では見たことのないありがたい内容です。

尚、Alfred Lescureのコレクションを収めた本がアリゾナ大学のデジタルアーカイブのレース関連資料の中にあり、CD Romでも入手できるようです。(未見)このアリゾナ大学のサイトはAntique Pattern Libraryと並んで古い本を探すのにありがたいサイトです。上記2件他、リンクを参考リンク集に追加しています。(整理していないので順不同で見苦しいです)


*思い出したので追記
昔の人のリサイクルアイディア! 下地が弱った刺繍の刺繍部分だけ丁寧に切り取って再構成して新たな布に縫いつけたりすることもあったらしい。どれかの本でそんなハンカチを見たのだけど、見つからず。

by au_petit_bonheur | 2012-01-29 01:34 | ディテール

散歩日記 

長く晴天続きだった東京も、先週末あたりから曇りがちになったり、雪がちらついたり、少し冬らしくなったと思ったら、昨夜はこの冬初めての積雪、私の所で5センチくらい積もりました。

一夜明けると晴天。明るいきれいな空と、ほんの少し湿り気を帯びた空気が気持ちいい。めずらしく出かける時カメラを持って行きました。

用事が終わって帰り際、電車を途中下車して遠回りしたくなって、寄り道散歩。結構歩いて来ました。

(お昼ごろの空)
d0129646_21514070.jpg


More

by au_petit_bonheur | 2012-01-24 22:15 | 日常 非日常

今年もよろしくお願いします

d0129646_1432359.jpg


気がついたら1月も半ばになっていました。
大変遅れましたが、あけましておめでとうございます。

年末に母が来て妹が来て、そして、今年になって娘が成人式を迎えました。
早生まれなのでまだ20歳まではもう少しあるのだけど、去年一年でまた
すっかり大人になって私が教えられることが多くなりました。

市に出店するには必要だということで、去年古物商の免許を取得しました。
レースや手仕事が大好きなのだけど、考えてみると自分では作ることよりも
作り方や背景を知ることが好きで、作っている人がもっと好きなようです。
古い手作りの品を、同じものが好きな方や、物づくりをする方に橋渡しできれば
楽しいに違いないと思っています。

今年は機会があれば催事にも出店しようと思います。
また「屋根裏」も時々オープンできるよう準備していくつもりです。

のろのろな私ですが、一度ここに書いておけば、やるしかない?!

今年もどうぞよろしくお願いします。



d0129646_14322333.jpg

お嫁入り予定の布花。どんな風に使ってもらえるのか、楽しみ♪

by au_petit_bonheur | 2012-01-15 14:56 | 日常 非日常