<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドイリーあそび 3

モチーフは、もともとテーブルクロスやハンカチなど製品のための素材だから
使われたらなくなるけど、ドイリーはそれ自体が完成品。

だからモチーフよりドイリーを見つけるほうが見つけやすい。
大きさもあるので様々に使えるから、本来の用途だけでなく、
手作りの素材としても好きなものです。


d0129646_9473113.jpg



ドイリーを使うといっても、10年くらい前までは、海外の手芸書に
ちょっと野暮ったい使い方を見つけるくらいで、あまりやってみる気にならなかったけど
最近はこれいいなあと思う使い方をよく目にするようになったし、
日本でもお馴染みになった。


d0129646_9494110.jpg



このCountry Livingのページ(他にも写真あり)の使い方は中でも好きなもの。
紹介したいと思ってから2年近くたってしまった.....


d0129646_9471899.jpg



これなら少々古びたくらいのドイリーも面白い。

by au_petit_bonheur | 2011-10-17 10:00 | レースあそび

西荻骨董好きまつり ご報告

初めて参加させて頂いた西荻骨董好きまつり、無事終了しました。


d0129646_2121501.jpg



私のブースに立ち寄って下さった方、お買い上げ下さった皆様、
ありがとうございました。
遠くからブログやツイッターで声援して下さったお友達、
ツイッターで宣伝して下さった方々、不安な心の支えになりました!
当日何かと声をかけて下さったベテラン出店者の皆様にも感謝です。

至らない所も多かったと思いますが、今回の経験をもとに、来て頂いた方に
更に楽しんでいただけるようなブースづくりを考えていきたいと思っています。
次回はこれとこれを用意しようなどと、やはりドキドキではあるけれど、
楽しみにもなってきました。

これからもどうぞよろしくお願いします。

こんなものを持って行きました

by au_petit_bonheur | 2011-10-12 00:04 | 骨董市・イベント

ドキドキ

d0129646_11423038.jpg


第25回西荻骨董好きまつりに参加させていただくことになりました。

今週の週末です。
私の出店日は日曜日ですが、土日2日間開催されています。
気持ちのいいこの季節の3連休の週末。
お時間のある方は、西荻散策がてら是非!


日時 2011年10月8日(土)9日(日)
午前9:30~午後5:00
会場 井荻会館 


持っていく品物を写真でご紹介できたらいいのですが、
まだ何を持って行こうか悩んでいるところです。

レースも持って行きますが、多分それ以外のものが主になると思います。
何か物づくりをする方の素材や参考に使って頂けそうなもの、
身近に置いて楽しんでいただけないかなと思うものを中心にしようかと
こまごまと引っ張り出してきています。

何かリクエストがありましたら、お知らせ下さいね。

お待ちしてます!



骨董好きまつりのウェブサイトはこちら
青蓮亭さんのブログで会場の様子など紹介されています。

あ、そうでした。土日は中央線は西荻窪には停車しません。総武線でいらっしゃるか、
吉祥寺から西荻窪駅行きのバス(地蔵坂上バス停下車)をご利用下さい。

by au_petit_bonheur | 2011-10-07 12:00 | 日常 非日常

ホワイトワークの本

タンバー刺繍の続きを書こうと思ったのだけど、その前に、本を一冊ご紹介。


d0129646_1373489.jpg


Margaret Swain 著"Ayshire and Other Whitework"(アマゾン) は、先日の投稿で使わせてもらったEmbroiderer's Guild of West Australiaの参考文献リストにも入っていましたが、小さな本ながら、ホワイトワーク(白糸刺繍)の各手法の特徴がコンパクトにわかりやすく纏められています。

中でも私にとっては機械製の白糸刺繍の項はありがたい。他の本にあたると、「初期のハンドマシンによる刺繍(など)は手刺繍とほとんど見分けることができないものがある」というようなことが書かれていて、明らかに機械刺繍、明らかに手刺繍の間にグレーゾーンが横たわったまま、私なんぞには判断できない行き止まり状態になってしまうのですが、そのあたりも少し詳しく説明されていて、ちょっとだけ前進した気分になる。いい本ではないかと思うのです。

取り上げている技法は、ドレスデンワーク、エシャーワーク(エアシャー)*、タンバー刺繍、ホリーポイント、ブロドリーオングレーズ、インドのホワイトワーク、マデイラ、マシン刺繍、マウントメリック刺繍、リシュリュー、キルティング、ストリングワーク。いかにもアンティークらしい、そして、ニードルレースやボビンレースにも匹敵するクオリティの刺繍技法がほぼ網羅されています。

*日本語表記をネット上でざっと見てみるとエシャーワーク、エアシャー両方使われている。地方名の表記はエアシャーのよう。日本語表記異同メモに入れておきます。

google結果
エシャーワーク
エアシャー
(あ、”エアシャー”と表記してあるページはtambourは”タンブーア”だった。これもメモに追加)


小さくて、手にとりやすい価格なのもありがたい。

by au_petit_bonheur | 2011-10-03 13:26 | レースノート