<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

レース・トリビア (2)

d0129646_12322852.jpg

          (image from Rijkmuseum via ) 


しばらく前、tumblrに、アムステルダムのライクス・ミュージアム(wiki)が所蔵している、この17世紀オランダの襞襟(wiki あ、wikiもこの画像だった)が回ってきたので、ちょっと面白くてご紹介。

これは世界で唯一現存している襞襟なのだそう。

襞襟というと、16世紀〜17世紀に流行した襟の形。犬や猫が傷口をなめたりしないように、首にはめる「エリザベスカラー」の語の元イメージ通り、通常エリザベス一世の肖像画や、16世紀日本にやってきたスペイン人やポルトガル人など南蛮人、キリシタン大名なんかの肖像にみられるようなレースや布で作ってパリッとのり付けされたものの印象だった。それに比べて、ふわふわと柔らかそうなこの襟。みたことないな。それで元の画像を探しにライクス・ミュージアムのサイトへ。

この襟のページを読むと、およそ以下の通り。

More

by au_petit_bonheur | 2011-09-26 15:44 | レースノート

タンバー刺繍

d0129646_1023674.jpg



みっちりしたサテンステッチの大きなスカラップに縁取られたこの刺繍の布、メイン部分はタンバー刺繍が施されています。1メートル超x3メートル超の大きなもの。ドレスか、洗礼服か、僧衣か、何に使われたんだろう。スカラップの大きさから見てカーテンなどインテリア用かも知れません。何にしても手のかかった綺麗なものです。



「タンバーレース」という語はもうかなり一般に流通しているかと思うのだけど、「タンバー刺繍」はどうなのかな。確かユキ・パリスさんの著書のどれかに「タンバーワーク」と一度出ていたと思うのだけど、(確認後書きかえます)「タンバーワーク」という方が通りがいいのでしょうか。ここでは仮に「タンバー刺繍」と呼ぶことにします。


d0129646_1022472.jpg


タンバー刺繍の「タンバー」は小さな太鼓を意味するフランス語の"tambour"に由来します。この語は「タンバリン」と同源で、刺繍する時使う刺繍枠の形が、一般に丸い形をしており、布を貼った形が太鼓状であることから名付けられました。

More

by au_petit_bonheur | 2011-09-20 14:28 | レースノート

お知らせ

d0129646_10332065.jpg


只今タンバー刺繍の投稿を準備中ですが、エキサイトのメールを見てびっくり。
もう容量の95%を使っているのだそうで、メールを頂いても届かないかも知れません。

あまり使っていないのに、有料会員にならなくちゃいけないということか〜。

という訳で、申し訳ありませんが、しばらくの間、何かありましたら、
コメント欄からお願いします。

by au_petit_bonheur | 2011-09-20 13:32 | 日常 非日常