<   2009年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「アンティーク」な手



以前ご紹介した、このアンティーククロシェ編みのモチーフを覚えている方、
いらっしゃるでしょうか?

編んでみたいなあと思いながら、編み図をおこして編むまでには気力がいたらず、
(しかも、編むのもかなり大変)でも大好きなモチーフだったのですが、


d0129646_17225819.jpg



昨日ウェブ散歩中、最近ブログを通してお話させていただいている
ほへと千鳥さんの新橋手芸部さんにお邪魔してびっくり、そして興奮。
このモチーフのそっくり同じモチーフが編み上がったところだったのですから。

ほへと千鳥さんは、冬はニットの靴下、夏はかぎ針のレース編みをなさるそうですが、
出来上がったもの、どれを見ても、デザインと糸と手の加減が完璧!すごいなあと
思っておりましたが、このモチーフも仕上がりが素晴らしい。

上はトップのアドレスをリンクしていますので、記事のリンクをここに残します。
ここ!

Priscilla Crochet Book Bedspreadにパターンがあったそうです。
この本は、エドワーディアン期(1901~1910)の
ベッドスプレッドに使われたモチーフ、パターンを紹介しているとのことで
オリジナルは1910年代の出版。

このモチーフだけでなく、ほへと千鳥さんのどの作品も素敵で、
全てに参考にされたパターン、使用編み針、糸の情報があり、編んでみたくなります。

ほへと千鳥さんのFlickrはこちら
編み物好きの方、必見です!

入っておられるRaveryという編み物のコミュニティも面白そう。

by au_petit_bonheur | 2009-07-31 17:09 | 見てみて!

Origami


七夕の前日の投稿で、英語の文中にだけリンクしていたのですけど、
日本人の私たちにも、あれ、どうやるんだっけ?と思ったとき、やはり、便利!と
ここに改めてご紹介。

おりがみくらぶ
英語版はこちらから。origami club


ずっと前に写真を紹介させていただいたのですが、Emmaさんなら
こんなにあるいはこんな風にアレンジ。

いろいろ折ってみたくなりますね。

by au_petit_bonheur | 2009-07-31 07:08 | 見てみて!

Hidcote Manor Garden


チッピング・カムデンから車で15分くらい、私たちが宿泊したブロード・カムデン
からは約20分のところにあるヒドコート・マナー・ガーデン。

コッツウォルズにとどまらず、イギリスを代表する庭園の一つで、
イングリッシュガーデン、コッツウォルズといったガイドブックには必ず
紹介されている、日本でも知名度の高い庭。
コッツウォルズの庭巡りのツアーなら、ほとんどの旅程に組まれていると思います。




現在この庭を所有、管理しているナショナルトラストのwebsiteによると

この庭を作り上げたのは、パリ生まれのアメリカ人、ローレンス・ジョンソン。
彼はケンブリッジ入学を機にイギリスに住むようになり、第一次大戦では
イギリス軍に従軍、負傷。

1907年に彼の母がヒドコートマナーを購入して以来ジョンソンはこの屋敷に
住むようになる。すぐにガーデニングに没頭するようになり、
41年の歳月をかけて、この庭を完成させる。
(1920年代には、すでに12人の専属の庭師がいたそう)

ジョンソンは、トピアリーといったイギリスやヨーロッパの庭園の
伝統的な要素も用いながら、当時流行のアーツ&クラフツのスタイルを取り入れて、
庭を沢山の部屋が連なるアウトドア・ルームとして設計。
柊、カバ、イチイなどの生け垣で仕切った上で、
色、植栽などで、各々の「部屋」に異なった個性と雰囲気を持たせて、
歩をすすめるたびに、違った眺めを楽しめるように考えたとのことです。




私たちがたずねたのは火曜日。雲の間から時々青空がのぞきます。
軽い上着一枚でちょうどいい。

今回の庭の中で、やはり訪問者数が一番多かったのはここ。
車いすで回れるところも半分くらいあるとのことで、車いすを持って入りました。
(半分しか回れないということで2人とも入園料は半額に。
行けるはずのところも、段差も多く、決して押しやすいところばかりではありません)

他にも車いすのお年寄りとその家族づれ、沢山いました。
車いす同士、途中ですれ違う時道を譲り合わなければいけないことも多く、
出会うと、押している者同士で、やってるね!がんばろう!という感じ。
(車いすに乗っていたおばあさん達の中で、母が一番大きかった気がする)

以下に沢山の写真を載せてしまいましたので、重いかも?
ナショナル・トラストのフォトアルバムで四季折々のようすが見られます。

More

by au_petit_bonheur | 2009-07-29 17:39 | England 2009

1Year Anniversary


朝は晴れていたのに、生暖かい風が吹くなあと思っていたら、
雨になりました。

d0129646_1536473.jpg


プレゼント、もっと前から準備しておけばいいものを、今日になって
どれにしよう?と悩んでいたら、あたりは薄暗い。

やっと選びました。小さいものばかりだけど、感謝の気持ちは一杯です。
どれも写真よりはかわいい筈。
(好きなものについては、常に手前みそです。それに写真が下手)



It has been one full year since I left the first post.
In order to celebrate the anniversary, and appreciate your support,
I have three sets of presents to offer for the visitors.

If you would like to enter to win, please choose one
among the three listed in the "More" link below and
just leave a comment with your choice.

The deadline is 5th August.

If the applicants are more than one for each set, the winner will be
decided by a draw.

More

by au_petit_bonheur | 2009-07-27 15:54 | 日常 非日常

踊っています!


今日も東京は快晴です。
いつもは晴れている実家の方が雨が続き、庭にきのこが生えたとか。
娘は一日出かけ、私以上に出不精の夫も昼からでかけ、一人の日曜日。

d0129646_18542746.jpg


アドレスはずっと前からとっていたけれど、そして、続けて投稿するようになったのは
8月からだけど、初めて投稿したのが去年の今日。早いもので1年たちました。

最近ますます、不規則な投稿状態になっていますが、それでも
何とか続けてこられました。
上には書きかけの原稿が沢山のっかているし、
まだまだこれからもお世話になります!

始めた頃は、たまたまメールを頂いた方に、無理矢理お知らせし、
その方一人に向けて書いていましたが、最近では、来てくださる方も
徐々に増えて、どこに向かって書いているんだろうと思うこともしばしばです。

でも、ご覧頂いている方たち、何か好きなこと、ワクワク、ドキドキ、ソワソワ
元気になれるところのどこかが私と同じ方たちではないかな、
と想像しながら、書き付けています。

また一年、どうかよろしくお願いします!

今日はひとまず、一人で踊りますが、感謝の気持ちをこめて
プレゼントを企画しました。
多分3点になる予定です。
明日には写真と詳細をお知らせ出来ると思います。
当選する確率、とても高いはずですから、どうぞお見逃しなく!

More

by au_petit_bonheur | 2009-07-26 19:17 | 日常 非日常

カットワークのお稽古


暑い!と書いた翌日から、あらあら、雨曇りになって
一昨日の皆既日食、どうせ見えないでしょうと思っていたら、
近所の西友あたりで沢山の人が空を見上げていた。
え、見えるの?とみんなが見ている方角を見上げるも、太陽は雲の中。
でも、直前、少し見えたんだそうです。残念。

いつもは当たり前のものとして、意識もしていない太陽だけど、
一瞬隠れることによって、その存在を明らかにする日食。
太古の人だったら、踊り祈るに決まってますね。
ちょっとそうしてみたい気もしました。

今日は暑かった。

今年もカタツムリが沢山います。
小さなのも何匹もいて、鉢植えの葉っぱを食い荒らしているのは
多分この方たち。


d0129646_173919.jpg



レース、中でもカットワークのレースは、
透かしが糸のレースに比べて少ないにもかかわらず、
日傘、夏服、昔の記憶のせいでしょうか、光と影をくっきりさせて、
涼しげ、夏に似合う。


d0129646_17391539.jpg



アメリカ、ワシントン州の教会で売られていたレースのセットの一部。

ほぼ同じサイズ、大きめの栞といった感じのカットワークサンプル。
何となく、それぞれ手の癖が違う気がしていて、同じ人でなくて、
全部別々の人が作ったのではないかと思っています。

かなり前に見つけたものだけど、その後、色々調べていて、
ニューヨークに20世紀の初めにイタリア系のレースを教える学校が作られたという
記事を読んで、もしかして、そういった学校が西海岸のワシントン州にも
あったのかもとも思えます。

他にイタリア風のニードルレースやボビンレースも、そして
このカットワークサンプルのように初心者のものと思われるものと一緒に
上級者あるいはお手本?というような凝ったレースも混じった、不思議なセット。



いい手だなあと思うハンドメイドもの大好きなのですが、
こんな素朴なサンプル、かえって、作り手の姿が目に浮かぶように思えて、
またまた好きなものです。

周囲のドロンワークだけで中のデザイン部分がないものがあったので、それは
洗ってみた。洗うともっと綺麗になるし、洗える状態のようですが、
どこかに忘れられ、ずっと眠ったままだったその雰囲気がゆかしくて、
まだ洗いもアイロンもかけていない、見つけた時のままです。

一枚ずつ横長の小さなフレームに入れたのを並べるのも、大きなフレームに
びっしり並べるのもいいなあ。


d0129646_17392860.jpg


全12枚別々に写真をとってみました。
フレームに合わせてみたら、余計でした。
上のようにバックが木の方がデザインが分かりやすかったですね。

お好きなデザイン1枚くらい刺繍してみてはいかがでしょう?
(私もしてみたいと思いつつ、まだ手を付けていません。
素朴だなんて言っておいて、自分ではこうは出来ないに決まってます)

でもこんなサンプルを見ると、自分で作ってみたくなる。
そして、自分で自由にデザインするのも簡単そうに思えてきませんか?

More

by au_petit_bonheur | 2009-07-25 17:44 | サンプラー

暑い!です。


降水量が少ない瀬戸内生まれ、梅雨も苦手だけど、
暑いときは水の側に行きたい!

d0129646_13481027.jpg


↑より、もっと波がザップンザップンしているところ、希望です。



モニターに縦線がどんどん増えてきて、まずいな〜と思っていた
マックがついに壊れる。(モニターの中心部、15センチほど
帯状に見えなくなった)

修理代がなんとも高いので、新しいのを買った方がという案もあったのだけど、
何かの度に新しいのを買うのはいかがかと、修理に出しました。
1週間〜10日ということだったけど、意外とすぐに戻ってきました。

画面も見やすくなってすっきり。

大きなマックがない間に机まわりなど、配置換えを始めたら、
まだ終わりません。

(今年、蝉がまだ鳴いていないのですが?,,,,)

by au_petit_bonheur | 2009-07-16 13:58 | 日常 非日常

作りかけ


小さい頃は、一緒に色々作っていたのに、
最近は「手作りなんて興味な〜い」と言われてさみしく思っていた娘、
期末テストも終わった週末、突如、
「何か作りた〜い」と言い出しました。

洋服も作りたいけど、まず、シュシュなど髪飾り類、ピアス、ブローチなどを
作りたいとのことで、彼女好みのカラフルでちょっとキッチュな材料を
私の「もう使わない」ボックスから引っ張り出してきました。
(使わなくなっても決して処分できないのが、困ったところ。古着だって布!ですし)

材料を探すとき、娘が幼稚園児代、バザーの時に大量に作ったものの
作りかけパーツなども発掘。
同時に色々作っては、完成しない作りかけのものの多い私ですが、
それはさておき。





古い作りかけのレースが好きです。
作り方がよく見えるのと、そして、かなり手をかけているのに
中途になってしまっていることに、作られた当時からの今まで時間と
止まった時間、2重の時間を感じさせられるから。

作りかけのレースでは、テープレース類を見かける頻度が高いように
思います。

手工レースは、注文に応じて制作されるでしょうから
その性質として作りかけになることは少ないわけですが、
ホビーレースとして人気があったテープレースは
当時、絶対数も多く、いきおい、作りかけが多く残ることに
なったのでしょう。

An unfinished piece of old tape lace.
i like the way the lacemaker customized the ready-made tape
by making holes in various ways (please refer to the last photo)
trying to make the finished lace unique.

More

by au_petit_bonheur | 2009-07-13 18:16 | つくりかけ

ちょうちょが

雨は降らないけど、空気は湿気を含んで肌にまとわりついてくる。
そろそろ梅雨明けを思わせる曇天続きのこのごろ。
雨が降るのか、降らないのか、植木鉢の水やりと犬の散歩の
タイミングを計りかねます。

d0129646_13102812.jpg


散歩の途中、ベンチに座っていたら、蝶がひらひらと飛んできて
膝の上の本の端っこにとまる。

食べていた、コンビニのエクレアの甘いにおいに誘われたのかも。


でも、これはもしかすると、いい予兆?


d0129646_13125960.jpg

by au_petit_bonheur | 2009-07-12 13:24 | 日常 非日常

レース素材のテープやブレード、コード類




もちろん、ボビンレースやニードル(ポイント)レースなど、
ハンドメイド(手工)レースにうっとりなのだけど、
同じハンドメイドといっても、かぎ針を使うクロシェレースや
タティング、ニットを始めとするホームメイド系、ホビーレース
といったレースに親近感を覚えます。

デザインと技術が決め手の手工レースにくらべ、
ホームメイドタイプ(クラフト系というか、英語では、
ハンドメイドと区別してテープレース類などはハンドアセンブルド:
手で組み立てたということですね、といわれることもある)の
出来上がりを決めるのはアイディアと根気でしょうか。

時間と根気はともかくとして、アイデアは今でも応用可能。

More

by au_petit_bonheur | 2009-07-10 15:11 | パターン・素材・資料