ちいさなロール編みの会のご案内

ご案内が遅すぎますが、今週の週末、3日間の小さなロール編みの会を持とうと思います。


d0129646_2321050.jpg

(ボビンレースではこのように使われることがあります。これはモチーフを置いてみたもの)



昨日スタートした移動手芸店 at Veritecoでスペースをお借りしているVeritecoは、様々な手法のアクセサリーのワークショップでも人気のお店で、ワークショップができるスペースがあります。こちらを利用させていただいて、開店前の時間を使った会です。


d0129646_23215651.jpg

(タティングレースに使われている例)


【日時】 2月28日(金)、3月1日(土)、3月2日(日)
      10:30 ~ 12:30

【会場】 西荻窪 Veriteco

【人数】 一回2〜3人

【会費】 1,000円
     茶菓などはお出し出来ませんので、西荻窪のどこかで是非ゆっくりと! 

【持ち物】20番のレース糸は私の方で用意します。
     6号前後のレース針をお持ちでしたらご持参ください。
     
     



ロール編みは、他のかぎ針の編み目に比べるとそれほど一般的ではなく、呼び名も固定されていないようです。今まで見つけたり、教えていただいた範囲ではコイル編み、巻き編み、からみ編み(ちどりさんの投稿のこの件、いつか改めたいです)などとも呼ばれています。英語ではcrochet bullion stitch, rolled stitchなどと呼ばれます。

レース編みの古い作例では、長編みなどに代わってクロッシェレース作品に使われる他、ボビンレースのパールの代わりに、タティングレースのアクセントに、またアイリッシュクロッシェでも使われることがあります。


編み糸をロールにくぐらせるタイミングは、私の知る限り3パターンあります。それぞれ適したデザインがありますが、今回は一番簡単で、また長編みの代わりにも使いやすい、現代の本に紹介されているやり方(糸を編み針に巻いてから下地に針を通し、 糸をかけて一度引き抜いた後さらに糸をかけてロールを引き抜く)をご一緒しようと思います。


作品制作のご参考に、私の持っているロール編みの古い作例を見て戴いた後、「ロール編みの編み目の練習」が中心になります。リボンにロール編みを編みつけて、慣れたところでロール編みのリングモチーフを作ります。私が編んでみて気づいたポイントなどお伝えできたらと思います。余裕があれば、古い本に紹介されている編み方をご紹介します。




どなたでも参加していただけますが、ロール編みはかぎ針編みの編み目の中では難しく、きれいに編むためには少し練習が必要だと思います。レース編みやかぎ針編みに慣れておられない方には短時間では形にすることは難しいかも知れません。

d0129646_23243375.jpg

(クロッシェボタンに使われているロール編み)


参加ご希望の方は、ツイッターのダイレクトメッセージかこの投稿に非公開コメントで、(1)お名前、(2)ご連絡先メールアドレス、(3)ブログをお持ちでしたらブログ、お持ちでない場合はお好きな手芸分野、(4)参加ご希望日をお知らせ下さい。


教えることは不慣れです。楽しく編んで、ロール編みにハマった人を増やそう!という会です。

ご参加をお待ちしています。

by au_petit_bonheur | 2014-02-26 23:43 | 骨董市・イベント

<< 移動手芸店 at Verite... 〈移動手芸店 at ヴェリテコ... >>