大江戸骨董市 2013/1/6

今年はじめての大江戸骨董市。

金曜日までの予報では東京は土曜日の午後から日曜の午前中まで雪が降るところもあるとか。土曜日には雪の予報は消えたものの、散歩の時の体感ではかなり冷える。いくら寒さには強いといっても、日曜日はかなりの冷えと、お客さんの少なさを覚悟しなければと思っていました。

d0129646_22474598.jpg


(11時頃撮影)

日曜日は朝から晴れ。朝と午後日がビルの後ろに隠れてからは少し冷えたましたが、昼間はキリッとした冬らしい気持ちのいい天気でした。

前回の出店から日が経っていたのと、お正月気分が抜けなくて、何を持っていったかいいか分からない絶望的な気分で前夜は徹夜してしまった。今回娘がレポート提出を控えて手伝いに来れなかったので、結局、大きなキャスター付きスーツケース以外は手持ちの小さなスーツケースという少ない荷物で出かけました。

お客様の出足は遅かったけど、昼ごろにはかなりの人で賑わいで、いつも以上にお友達、親子、ご夫婦で話しながらお買い物してくださる方が多かったのも印象的でした。お正月休み最終日ならではなのかなあ。

私のところは、朝早くからポツポツと来てくださる方があり、集中する時間もないかわりに、来てくださる方が途切れる時間が少なく、いつもとちょっと違う。その分、ゆっくり選んでいただけて、お話もできて、それぞれの品物をよい方に買っていただけたと、夜中の気分とは裏腹に幸福感を感じたりもしました。(骨董市ハイってあるのかも?)何度かお買い上げ頂いた方がまた覗いてみて下さるのも嬉しい。



d0129646_2384010.jpg


最近いつもBブロックだったのですが、今回Aブロックの角っこの場所。お隣は前回一軒置いてお隣だった方。六本木にお店をお持ちのこと、ジュエリーや時計、沢山の方が立ち止まって品物を選んでおられました。



d0129646_23101437.jpg


もう一方の角隣はご夫婦で出店されていた古美術西山さん。去年退職されてから出店を始められたそうです。コレクター歴は30年とか。素敵な器が沢山です。明治、大正の千代紙、海外の友だちのお土産にどうかな?



お客様作品コレクション

d0129646_084894.jpg

ミナのファブリックをパッチワークしたショルダーバッグ。ご本人の雰囲気ともぴったりでした。ミナのファブリック好きにはたまりません。


d0129646_23112893.jpg


藍染のバッグ、ウェアすべてハンドメイド。ジャケットは漁師さんの着物の布から。暖かくて、柔らかくなっていて、着やすいそうです。骨董市で見つけられた布だそう。知らない和の布を教えて頂き、和の布も探してみたくなりました。


d0129646_23133743.jpg


マザーオブパールのビーズを編んだ大振りのリング。優しい光が素敵。大振りジュエリーに興味ありのこの頃です。(今までバッグがアクセサリー代わりでほとんど何も付けなかったのだけど、去年からちょっと興味が出て母の若いころのものとかで遊び始めています)


d0129646_23141798.jpg


お知り合いの年配の女性が作られたという「?」マークのトート。
よく見ると

d0129646_23152716.jpg


ホックにボタン。作った方は、柔軟な精神の持ち主の素敵な方なのだとか。お会いしてみたいです。



以前、見せて下さい!!!とお願いしたお客様のコレクションの品物、お持ち下さって新年から目の保養もさせていただきました。(ピンぼけだけど)写真を沢山撮らせて頂いたので、また改めてupします。


お会いした皆様、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします!

by au_petit_bonheur | 2013-01-10 00:44 | 骨董市・イベント

<< 古いタイプのタティングレース 年始風景 >>