猫刺繍の壁掛け

明日の大江戸骨董市の看板息子たち。

d0129646_11241388.jpg








小鳥と歌ってる長男♪

d0129646_11261540.jpg



にっこり笑ってる次男♪

d0129646_1127476.jpg



小鳥のお喋りを聞いてる三男♪

d0129646_11282664.jpg


ニャンコ三兄弟♪




オランダのものです。
ざっくりした布に毛糸刺繍。
カラフルな色使いと猫や小鳥のしぐさや表情が可愛い。
幅90センチ近くの大きなものです。(この日の写真にあります)


肉球♪

d0129646_11403139.jpg



昨日の続きになるけど、布や針仕事の面白いのを絵と同じように飾ると、暖かい感じでいいなと思うのです。この壁掛けもそんな品物。

絵本のお店、本棚の間に擦れて毛羽がところどころなくなった古いビロード張りのソファ。スプリングが古くなっていて、ふと腰掛けると思ったより沈んでびっくり。そんなソファーの後ろの壁にかけて、あるいはソファーの上にこの壁掛けで仕立てた大きなクッションが、などと妄想。(まあ、絵本屋さんは絵本があるから開いてあればそれが飾りになるのだけど、布モノが混じっているとなおいい、とどこの絵本屋さんに向かって書いているんだか)

子供部屋にもいいし、モダンなリビングだとしても、こんな抜けた感じのものがひとつあってもいいんじゃないかな。



d0129646_11444359.jpg


全体はこんな感じです。下の端はブレードでトリミング。


d0129646_11511650.jpg


上には棒にかけて飾るために同じブレードがつけてある。でも、右端のブレードが弱ったからか、外そうとした跡があります。クッションにしたり、枠に張ってもいいからこのままで。でも、大きめのものって、そのまま使える形じゃないと売れない気もする。


d0129646_11532719.jpg


でもかわいい♪

by au_petit_bonheur | 2012-11-03 12:07 | 古い布

<< お知らせ イーラーシュシュの刺繍の端切れ >>