遅すぎる反省会です 

初夏に出店させていただいたルーサイトギャラリーの骨董市、反省会しようと思ううちに、もう秋になってしまいました。

青蓮亭さんのブログに私の商品も沢山紹介していただいています。

渋め、かっこよい品物をそろえておいでの他の出店者の皆さん。それにひきかえ、自分ではそんなにフリフリガーリーじゃないつもりなのに、やっぱりちょっと浮いていた気がする私の品物。自分の幅(の狭さ、偏り)を考えてみる。そんな中、ブログやツイッターで見てきて下さった方に私のお気に入りをお持ち帰りいただけて、うれしかったです。

フランスの蚤の市で見つけてきたばかりの皮のバッグは、中に沢山の仕切りがついていて、面白く使えそうと思っていたら、お裁縫の道具を入れてディスプレイに使ってくださるとか。本来の用途と違う使い方をするのが好きなので、そんなご提案もしながら品物を見ていただきたいと思っているのですが、お客様からアイディアを戴くのは、とても嬉しいのです。

勢い込んで持っていったクロッシェのサンプラーはまだ沢山在庫しています。これはまだ持っておけというお告げなのかと思ったり、西荻と大江戸で再挑戦とも考え直したりもしています。

先輩の出店者の方々の、品物を扱う手の動きが丁寧できれいなのにも感動しました。あとで振り返ると、私ってなんて気が利かないんだ!足りないところだらけなんだ!と思うことも多かったのですが、少しずつ倣っていきたいです。(道は遠い、あるいは既に遅い気がするけど、がんばる)

古い建物の魅力ももちろんのこと、ギャラリーオーナーの米山明子さん、スタッフの皆さんの大きな家族のような暖かい雰囲気に触れられて、また、ご縁を戴いて、その輪の中に入れていただけたのも嬉しかったです。


次は西荻骨董好き祭り、10月14日(日)に参加させて頂きます。楽しく見ていただけるブースなれればと、試行錯誤します。

by au_petit_bonheur | 2012-10-05 12:18 | 骨董市・イベント

<< 吹きガラスのビーズ 見つけた! >>