西荻骨董好きまつり ご報告

初めて参加させて頂いた西荻骨董好きまつり、無事終了しました。


d0129646_2121501.jpg



私のブースに立ち寄って下さった方、お買い上げ下さった皆様、
ありがとうございました。
遠くからブログやツイッターで声援して下さったお友達、
ツイッターで宣伝して下さった方々、不安な心の支えになりました!
当日何かと声をかけて下さったベテラン出店者の皆様にも感謝です。

至らない所も多かったと思いますが、今回の経験をもとに、来て頂いた方に
更に楽しんでいただけるようなブースづくりを考えていきたいと思っています。
次回はこれとこれを用意しようなどと、やはりドキドキではあるけれど、
楽しみにもなってきました。

これからもどうぞよろしくお願いします。






他の出店者さんのブースもじっくり見させていただいて、
買い物もしたかったのですが、今回は余裕がありませんでした。

では、当日の朝のようすと一部の商品のクローズアップをご紹介。
(あるかも知れない別れを惜しみつつ、前日クローズアップを
撮り始めたのだけど、すぐに電池が切れてしまったのです。)


d0129646_21364562.jpg


上段中。男性にも女性にもよく見ていただいたフィギュア。
農村で作業している男女と牛や羊。カウボーイがいたりしてアメリカっぽいかと
思えば、オランダ風の民族衣装の女性がいたりします。(見つけたのはイギリス)
お客様によると鋳鉄製ではないかとのこと。

下のはカットワークのプレースマット3枚。イタリア3都市の名前と風景入り。
もう1セットあるのでいつかご紹介できるかも知れません。結構面白いのです。
ちょっと左に隠れているけど、マリア様のニードルポイントあり。


d0129646_21352791.jpg


上段右 フランスのパピエマッシェのドールヘッド。左の小さめのものはまだ
顔がペイントされていないのです。自分で描いてみるのも面白いし、そのままでも
私は好みなのですが、「怖い」とのご意見も。中はアイルランドのヘンプ糸。
靴を縫うのに使われていました。

d0129646_212417100.jpg



d0129646_21234961.jpg


d0129646_21222660.jpg


d0129646_21205918.jpg



下は私好みのポンポンやクロッシェのボール、極小タッセル。
束になっている所がまた好みです。


d0129646_2122591.jpg


上段左。聖餐式の男の子のためのリボン腕章。壁や鏡に、アクセサリーに好きな品物。


d0129646_21203874.jpg


この花冠、構成といい潰れ方といい褪せ具合といい、好きなのに見てくださる方が
あまりないなあとしょげていたところ午後来て下さったご夫妻のもとへ。




d0129646_2363527.jpg


下段のものはほとんど前日のクローズアップに残っていないのです。
(売れ残っているものも多数あり)

フランスの針仕事の練習帳バラ売り(繕い、ステッチ、ニット、ネット刺繍など)
やモチーフパック、ビーズパック、バラ売りボタンやチャーム、雑誌、地図、付け襟、
ドラジェボックス、ボビンレースのプリッキングや手描きやカーボン転写の刺繍図案、
幻燈用ガラススライド、グロ・クロッシェのブドウの大きなモチーフなどなど。

皆さん熱心にお好みのものを探してくださるのがありがたく、
お話を聞くと、それぞれその方にぴったりのものを見つけてくださって嬉しかったです。



d0129646_21272695.jpg


台紙の周囲が日焼けしているのも、几帳面な手描きの文字もよい雰囲気の
この練習帳グループ。丸や四角のシンプルな継ぎのものも、
そのまま、あるいはフレームに入れて並べるとなかなかよい筈。
(全部写真を撮っておこうと思っていたのに、これを撮っている最中に電池切れ)


d0129646_21244098.jpg


この繕いサンプラーは、お話を伺うとまさに最適な方のもとへ。




d0129646_21232629.jpg


刺繍工房を経営していたフランスの家から出たという図案、型紙各種。
きれいなモノグラムや花模様のグラシン紙の刺繍図案、テープレースのもの。
他にアイリッシュクロッシェやニードルレースのものもあるのです。
同じ所でかなり幅広い手法を扱っていたのだなあと分かって面白いです。
指示などをささっと 走り書きした文字もいい感じ。

d0129646_21224326.jpg


ブログを見ていると言って下さった方もいらして、ドギマギしてしまいました。
嬉しかったです。ありがとうございました。
(慌ててしまってお恥ずかしい)

選んでいるお客様に使い道を教えていただくのも嬉しく、参考になりました。
粗忽者の私が対面販売に向いているかかどうかというと分からないけど、
楽しいものだなあと思いました。


d0129646_21212593.jpg



d0129646_21211376.jpg



こんな風に、広縁に暖かな日差しが入る気持ちのいい秋の一日でした。



(最後に昼前まで手伝ってくれた娘から一言、声が低すぎて身体が大きすぎる!と
直しようもないところにダメ出しが。初めてのお客さんは怖いんじゃない?ですと。)

私自身、当日も色々反省したけれど、今、こうして写真を並べてみて
新たに気づくことあり。次回に生かせたらいいなと思います。

by au_petit_bonheur | 2011-10-12 00:04 | 骨董市・イベント

<< ドイリーあそび 3 ドキドキ >>